テーマ
タグ
メニュー
PR
公開日:

日清オイリオ通信販売から、販売15年目を迎えたエキストラバージンオリーブオイル『ピエトラ・コロンビナ』のご紹介

オリーブオイルのヌーボー

毎年11月、ボジョレーヌーボーの解禁を楽しみにしている方も多いと思います。

ヌーボー(nouveau)とは、フランス語で「新しい」という意味で、その年に収穫したぶどうを醸造した新酒ワインのことを指して呼びます。実は、オリーブオイルにもヌーボーがあります。

 

通常、オリーブオイルは毎年秋~冬に収穫、搾油・瓶詰めされ世に出回っていきます。オリーブオイルは12月から1月に収穫する完熟オリーブ果実で作られます。しかし、オリーブが持つフレッシュな味わいと香りを楽しむためには、熟しきっていない早摘みの青い実が適していると言われています。

そこで早摘みと呼ばれるシーズン初めの10月下旬から約1ヵ月の間に収穫した、オリーブ果実のみを使用したものを、我々は“オリーブオイル・ヌーボー”(イタリア現地では“ノヴェッロ”)と呼んでいます。

  

『ピエトラ・コロンビナ エキストラバージンオリーブオイル』

日清オイリオ通信販売では、このオリーブオイル・ヌーボーの販売を2003年より開始いたしました。それが今回ご紹介する『ピエトラ・コロンビナ エキストラバージンオリーブオイル』です。

  

特長は4つあります。

  

特長1. 世界に名を馳せるオリーブ産地「イタリア・トスカーナ州」のオリーブを使用

イタリア・トスカーナ州は、イタリアの中でも、風味が豊かで高品質なオリーブオイルで定評があります。この地域での栽培は紀元前7世紀ごろからの歴史があるなど名産地として知られています。

しかし、実はこのトスカーナ州、丘陵地が多い土地柄で有機栽培に適していますが、その生産量はごくわずかで、イタリアでの流通量は全体の1割にも満たないほどです。『ピエトラ・コロンビナ エキストラバージンオリーブオイル』はこの希少なオリーブを使用しています。

  

特長2. 青々しい風味にあふれた年に一度の「早摘みオリーブ果実」

初物(ヌーボー)ならではの味と香りをじっくり堪能していただくため、希少な産地の中で、年に一度、11月中旬までのわずかな期間に収穫されたオーガニックの「早摘みオリーブ果実」のみを使用しています。

この時期だけの若い果実は、青々しい風味にあふれ、爽やかでみずみずしい上質な味わいをご堪能いただけます。その風味は毎年異なり、その異なる味わいをお楽しみいただけます。

  

特長3. “香りが命”。搾りたての風味をお届けする「ノンフィルター製法」

何よりこだわっているのは、オリーブオイルの命である“香り”です。まるで搾りたてののオリーブジュースのような香りをお届けするため、ろ過を行わず、自然のままに静置させて上澄みだけを取り分ける「ノンフィルター製法」を採用。うっすらとした濁りこそ、オリーブ果実の搾りたての美味しさをあますことなく凝縮した本物の証です。

  

特長4. 鮮度にこだわって、現地イタリアから「空輸」で日本へ

収穫した早摘みオリーブの搾りたてを、現地で1本1本丁寧に瓶詰めします。

できたてのフレッシュな味わいをご堪能いただくため、あえて船便ではなく、現地イタリアから空輸で日本へ直輸入しています。お手元に届く『ピエトラ・コロンビナ』の、封を切った瞬間の風味は、まるでトスカーナ州のオリーブ農園で搾りたてを味わっているかのような、そんな雰囲気を味わえます。

毎年冬しか出会うことのできない、トスカーナ産エキストラバージンオリーブオイル・ヌーボー『ピエトラ・コロンビナ』をぜひご堪能ください。

生産者のファブリ氏

生産者のファブリ氏

  
【関連情報】

・ピエトラ・コロンビナは大好評販売中 日清オイリオオンラインショップにて

go to top