テーマ
タグ
メニュー

発酵食ブームで高級発酵フードメーカーが今大人気。しかし発酵と腐敗は紙一重で意外な失敗も後を絶ちません。そこで安心安全、しかも安価に作れるオイルとも相性の良い発酵食品アレンジレシピを紹介。

腸スゴワザ!ほぼ100均発酵食品
公開日:

“腸活”のエース!おからで便秘解消塾

友人Mが妊娠中で最近、便秘がひどくなってとても困っているという。私はもともと便秘症ではないが、妊娠中はやはり頑固な便秘になって悩まされた。ヘタな薬は飲めないし、いきむことは厳禁だというので途方に暮れた。そんなときに救われたのが「おから」。妊娠中は便秘はもちろんだが、とにかく体重増加は検診のたびに厳しく言われるので、低カロリーで高タンパク、食物繊維たっぷりのおからはベスト食材だった。

 

今回は、さらにここに便秘解消にもいいオリーブオイルをたっぷり使い、友人Mのためにダブル便秘解消を狙おうじゃないか。ということで、オリーブオイルたっぷり使いの「おから」をご紹介。

  

100均より安いおから

いつもグッジョブの100均ショップの1階に豆腐関係の専門店があるのだが、ここが安い!

で、「おからはあるかな?」と物色したら期待通りありましたよ、しかもなんと500gで50円!税込みでも54円!いまどき500gが50円で買える食べものってあるかしらと思うほどだ。おからは冷凍しておけるからと、ちょっと興奮気味に2個購入で税込み108円ナリ。

  

オリーブオイルたっぷり!腸活おからの作り方

おからが手に入れば、あとの材料は肉、野菜などなんでもOK。肉は豚や鶏モモのひき肉がベスト。ちくわやこんにゃく、ごぼうやれんこんなどを入れる場合もあり、これはお好みで。500gのおからだと相当量ができるので、たくさん作って小分けにして冷凍がおすすめ。フライパンも大きくないとこぼれるので注意。鍋が小さい場合は半量で作るとやりやすい。

  

【材料】(大きなどんぶりに山盛り1杯分)

  • おから:500g
  • 豚または鶏モモのひき肉:100g
  • にんじん:1本
  • 干ししいたけ:5~6個
  • 長ねぎ:2本
  • 濃縮だし:大さじ2(下味用)
  • 干ししいたけの戻し汁と濃縮だしを合わせて:カップ2(味付け用)
  • オリーブオイル:大さじ5

  

【作り方】

  1. 干ししいたけは水カップ1ぐらいで戻し、戻ったら水気を絞って粗みじん切りにする。戻し汁は取っておく。にんじんは5mmぐらいの長さの太めの千切り、ねぎは2~3mmの輪切りにする。しいたけの戻し汁と濃縮だしを合わせて、かけそばぐらいの濃さの味にしてカップ2を用意する。

    材料集めはカンタン

    材料集めはカンタン

  2. ひき肉と人参、しいたけをボウルに入れて下味用の濃縮だしを入れてよく混ぜて味をなじませる。

    ねぎ以外の具に下味をつけておく

    ねぎ以外の具に下味をつけておく

  3. 大きいフライパンか中華鍋にオリーブオイルを大さじ1ぐらい入れ、②を入れてひき肉がパラパラになり、ひき肉の脂がじわっと出るまで炒める。
  4. おからを入れ、弱火で10分ぐらい炒める。焦げやすいので絶えず鍋底をこそげるように炒めるのがポイント。
  5. 炒めたおからの真ん中に鍋底が見えるまで穴をあける。そこに残りのオリーブオイルを入れて鍋底からひっくり返すように炒める。

    真ん中に穴をあけてオイルを投入

    真ん中に穴をあけてオイルを投入

  6. 少し炒めたら、またおからの真ん中に穴をあけて、①で用意した味付け用のだしを投入。鍋底が焦げつかないように手を休めずにひっくり返すように炒めて、汁気がなくなるまで炒める。汁気がなくなり、固めの味噌ぐらいの感じまで炒め続けるのがおいしくなるポイント。
    真ん中に穴をあけてだしを投入

    真ん中に穴をあけてだしを投入

    だいぶ汁気がなくなった

    だいぶ汁気がなくなった

  7. 長ねぎを最後に投入し、火を止めてざっくり混ぜて出来上がり。ねぎは余熱で火が通る程度にしないとくたくたになりすぎるので注意。

    最後に長ねぎを投入

    最後に長ねぎを投入

  

オリーブオイルたっぷりおからは“腸活”の切り札だ!

オリーブオイルたっぷりで炒め煮にしたおからはとてもコクがある。たっぷり入れているのに、脂っぽくなくキレがある味。これは新発見だ!おからもオリーブオイルも便秘解消にはもってこい。妊婦さんばかりでなく、便秘に悩んでいる方にはぜひ試していただきたいレシピだ。

 

  

【関連記事】

・大豆のチーズ!?塩麹豆腐で発酵料理塾

・受験必勝!!MCTパワフル豚汁塾

go to top