テーマ
タグ
メニュー

Olivenote 編集部が、お店やイベントに行って直接お話を聞いてきました。

イベント・取材
公開日:

工場見学土産で唐揚げ作ってみた

日清オイリオの工場見学に行ってきました

「実際にオイルを作っている工場をこの目で見て、オイルの製造工程や品質を保つための企業努力を勉強したい!」ということで、オリーブノート編集部の皆さんと一緒に、横浜市磯子区にある日清オイリオさんの工場見学に行ってきました。

 

磯子駅を降りて高架橋を渡ると、すぐに日清オイリオ横浜磯子事業場が見えてきます。

面積は横浜スタジアム9個分!

面積は横浜スタジアム9個分!

  

まずは食用油の製造工程をお勉強

工場に到着すると、10分程度のVTRを見て、食用油の製造工程を学びます。主な工程は以下の通りです。これを知っておくと、その後の工場見学で「これがあの工程か」と理解ができるので、感動値が上がります。

  

①荷揚げ・・・海外から大型船で運ばれる原料を専用機械で吸い上げる

②貯蔵・・・原料を「サイロ」と呼ばれる貯蔵庫に、品種別に保管する

③精選・・・原料に混ざっているクキやサヤを、丁寧に取り除く

④粗砕・圧扁・・・原料を細かく砕いてから、ギュッと絞る

⑤脱ガム・脱酸・・・油に含まれる不純物を取り除く

⑥脱色・脱ロウ・脱臭・・・色、ロウ分、臭いを取り除いてクリアな油にする

⑦充填・・・厳しい品質検査の後にボトルに詰める

(※今回の工場見学はこの“充填工場”を中心に見せていただきました)

⑧出荷・・・完成した商品を出荷する

  

いよいよ工場見学に出発

今回は前川さんにご案内いただいて、いよいよ実際の工場を見に行きます。

 

案内してくださった前川さん

案内してくださった前川さん

 

工場は広大なので、見学者はバスに乗って移動します。従業員は主に自転車で移動するそうで、工場内はいたるところに駐輪場がありました。

天然ガスで動くエコ仕様のバス

天然ガスで動くエコ仕様のバス

 

工場内は残念ながら写真撮影NGでした。今回は以下写真のように、工場内をぐるっと1周するような形で見せていただきました。運が良ければ、海辺に停泊している大型船から原料を吸い上げる場面に遭遇することもあるそうです。

食用油充填工場を2ヵ所見学

食用油充填工場を2ヵ所見学

 

食用油充填工場では、従業員が外からチリひとつ持ち込まないように厳重に衛生管理がなされていました。

入室者は指紋認証で管理

入室者は指紋認証で管理

クリーナーで衣服のゴミを取る

クリーナーで衣服のゴミを取る

 

捕虫器の前で入念に手洗い

捕虫器の前で入念に手洗い

 

エアクリーナーで埃を吹き飛ばす

エアクリーナーで埃を吹き飛ばす

 

工場では主に、油をボトルに充填し、ラベルに賞味期限を印字して、ボトルに巻く工程を見学しました。全て機械で自動化されていて、人の手が触れないので衛生的です。1分間に200本、1日(8時間)で10万本も容器に詰められるそうです。高速で動く機械の見事な精密さと壮大な規模を目の当たりにして、見学者一同「すごい・・・」とため息が漏れます。

 

しかし機械に任せるだけでなく、要所要所では人によるチェックを欠かしません。充填前には必ず資格認定者がテイスティングをして、風味や品質を確かめているそうです。

 

油を充填する工程では、「異物検査」「印字検査」「金属探知」「外観検査」など、数々の検査を機械と人の目のダブルチェックで行っていました。

  

いただいたお土産で、唐揚げを作ろう!

今回の工場見学では、お土産としてドレッシングと唐揚げ用のオイルをいただきました。唐揚げ用のオイルはスーパーで見かけますが、「自宅の油で揚げるからいいや」と思って、これまで購入したことがありませんでした。しかし、タダで貰えたのであれば話は別です。その日の夕飯は、このお土産で唐揚げを作ってみました。

普通の油と何が違うのでしょう?

普通の油と何が違うのでしょう?

 

開けて中身を確認すると油のパックが3つ。鶏もも肉1枚につき1パックの油を使うそうです。我が家は鶏肉1枚では足りないので、一気に2パック分使うことにしました。

中身は一見すると普通の油です

中身は一見すると普通の油です

 

  1. まずはビニール袋に鶏肉、醤油、片栗粉を入れてよくまぶします。

    下味が醤油だけで大丈夫なの?

    下味が醤油だけで大丈夫なの?

  2. フライパンに油を入れます。写真は2パック分です。

    揚げ物にしては少なすぎ!?

    揚げ物にしては少なすぎ!?

  3. フライパンに鶏肉を並べます。2パック分を一気に焼くので、ギューギュー詰めになってしまいました。

    これで本当に大丈夫?

    これで本当に大丈夫?

  4. 上下を返しながら焼いて行くと、何とも言えない良い香りが漂ってきました。どうやら油自体にガーリックやシーズニングのエキスが詰め込まれているようです。

    焼くだけで唐揚げっぽくなった!

    焼くだけで唐揚げっぽくなった!

  

あっという間に完成です。一度にこんなにたくさんの唐揚げができてしまいました。しかも、下味に工夫を凝らしたような本格的な味がします。焼いただけなのにカラッと揚がって、わが家の子どもたちにも大好評でした。

 

簡単でとっても美味しい!

簡単でとっても美味しい!

 

今回の工場見学では、食用油の充填ひとつとっても、いかに厳しいチェック体制で品質を管理しているのかがよく分かりました。日頃何気なく使っている食用油ですが、こんなに丁寧に作られていたんですね。

 

お子様用の資料や体験学習コーナーもありますので、大人から子どもまで楽しめます。無料で食育の学習ができて、お土産までついてくる工場見学。一度ご家族で体験してみてはいかがでしょうか。

  

【関連情報】

・日清オイリオの工場見学に関する情報はこちらから

  

【関連記事】

・2017年の初物!オリーブオイルヌーボーイベントに行ってきました

go to top