テーマ
タグ
メニュー

そうそうこれこれ!こんなのが食べたかったのよね。そんな酒のあてを今宵も探し続けるつまみ難民へ捧げます。

ちょっと嬉しい酒のあて
公開日:

居酒屋なぎさ亭の「クリームチーズのオイル漬け」

今回はごく普通のクリームチーズが超簡単にグレードアップする、エキストラバージンオイルとスパイス、ハーブを加えた「クリームチーズのオイル漬け」を作ってみる。でも、このおつまみ、チーズが美味しくなるだけじゃない。漬けたオイルまでもが抜群に美味しい調味料になるから、一度作り始めたらやめられない。

今回は居酒屋じゃなくてトラットリアか?なんて調子よく料理開始。

  

材料さえ集めればあとはカンタン、漬けるだけ!

料理というほどのことは全然ない。材料集めで9割9分という感じ。あとは時間が美味しくしてくれるという、なんとも手抜きな感じが否めないが忙しい方にはオススメ。

ただし、オリーブオイルは奮発して上質なエキストラバージンオリーブオイルを使ってほしい。手を加えない分だけ素材の味がストレートに出るからだ。今回は、ピエトラ・コロンビナの2017年年末に初しぼりした大奮発のヌーボーオイルを使用している。オリーブのフレッシュな香りとキレのあるほのかな苦みと辛みが、クリームチーズのコクを一層引き立てるのだ。

  

クリームチーズのオイル漬けの作り方

【材料】

  • クリームチーズ:お好みで(キューブ状になっているものがベスト。お好きなチーズでも可)
  • にんにく:1片
  • 黒、ピンクなどの胡椒粒:適量
  • ローズマリー、ローリエなどのハーブ:適量
  • ドライトマト:適量(なくてもOK)
  • エキストラバージンオリーブオイル:チーズがかぶる程度にたっぷり

材料集めでほぼエンディングだ

  

【作り方】

  1. ガラスなどの保存瓶に、ハーブ、ドライトマト半量、粒コショウ、ニンニクの輪切りを入れる。
  2. ①にクリームチーズ、ドライトマトの残りを入れ、エキストラバージンオリーブオイルをチーズが完全に隠れるまで注ぎふたをして常温で1週間ほど置いて出来上がり。

オイルをたっぷり注ぎこむ

あとは常温で寝かせるだけ

  

漬けたオイルは抜群の調味料だった!

1週間漬けたチーズは、赤ワインにぴったりの美味しさ。オイルのくどさはまったくなく、香りとコクが増して、そりゃもう絶品。

赤ワインに絶妙なおつまみ

チーズを全部食べてしまったら、またチーズを足して漬けてもOKだが、漬けたオイルはオイル自身の美味しさに加えて、ハーブ、ニンニクの香りが移った抜群の高級調味オイルに変身している。

ハーブとトマトが入ってなんだか美しい

今が旬の新じゃがの小さいものを半分に割り、塩を振ってこの調味油で皮ごと鉄皿でソテーすると、ワインにぴったりのアテになる。新じゃがの小さいのなんて格安なのに、このオイルのおかげで急に高級感が満載だ。

ソテーするときは、トマトが焦げやすいので最初はオイルだけすくって鉄板にひいて焼き、焼きあがったら最後にトマトとオイルを回しかけるときれいに仕上がる。

 

格安の「ちびじゃが」が立身出世した感じ

このような鉄皿がなければ、オイルと一緒にアルミホイルに包んでオーブントースターで焼いても美味しい。次回は、このオイルとチーズをソース代わりに使ったおつまみを紹介したい。

  

【関連記事】

・居酒屋なぎさ亭「冷めても旨い!里芋の唐揚げ」

・「認知機能アップ!きりざい」でおばば孝行塾

go to top