テーマ
タグ
メニュー

どんな料理にもよく合うオリーブオイル。皆さんはどんなタイミングでどのように使っていますか?コツがわかるともっと美味しくなる、そんなオリーブオイル料理の知っておきたいポイントをお伝えする「食とオイルの勘所」です。

食とoilの勘所
公開日:

外はカリっと中ふっくらの美味しいムニエル

家庭料理の定番、洋食の魚料理といえば、何が思い浮かべますか?

卵を使ったピカタや、蒸し料理のポッシュなどいろいろありますが、今回はシンプルだけど、作るのに少しコツがいるムニエルの作り方を紹介したいと思います。

ムニエルを作る時、「上手に焼けない」「お店で出てくるような仕上がりに出来ない」なんてことありませんか?お店に出てくるような、上手に焼けるコツの4つをお伝えていきたいと思います。

 

 

外はカリっと中ふっくらの美味しいムニエルの作り方

 

【材料】4人前

  • 鮭:4切れ
  • 塩:少々
  • 胡椒:少々
  • 薄力粉:大さじ3
  • バター:20g

 

ソース

  • オリーブオイル:大さじ2
  • レモン汁:大さじ1
  • 塩:少々

 

付け合わせ

  • しめじ:100g
  • マッシュルーム:150g
  • えのき:50g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:少々
  • 胡椒:少々

 

 

【作り方】

  1. 鮭に塩、胡椒をふり、鮭の余分な水分をキッチンペーパー等で拭き取る。ここで、しっかり水分を拭き取らないと、薄力粉をつけた際にベチャベチャになってしまい、上手に焼くことができなくなってしまうので、しっかり拭き取りましょう。
  2. ふるいを使用し薄力粉を、両面に薄くまぶし、焼く前にしっかりはたく。
  3. フライパンにバターを入れ、中火にかける。バターが軽く泡立ってきたら、盛付時に上にしたい方を下にして入れる。
    ※皮目の付いた魚を使用する場合は、皮を下にして先に焼くとカリッと仕上がります。
  4. 焼き色がついてきたら、ひっくり返して裏面も焼く。この時バターをかけながら焼くとバターの風味が広がり、美味しく焼きあがります。
  5. 裏面も焼けたら、鮭をお皿に盛りつけ、使っていたフライパンに、オリーブオイル、塩を入れ軽く温める。あったまったら、最後にレモン汁を加えムニエルにかけ、ソースとムニエルの完成。

 
付け合わせ
  1. マッシュルームをスライスし、えのき、しめじは石づきをとり、ほぐしておく。えのきは半分に切っておくと食べやすい大きさになるが、面倒の場合はそのままでもOK!
  2. フライパンに、オリーブオイルをしき、中火で①を軽く炒める。
  3. 塩、胡椒で味を整え完成!

 

 

勘所(ポイント)

  • 魚の下処理は塩胡椒をして、しっかり水分を拭き取りましょう。
  • 薄力粉は焼く直前に!
    せっかく魚の水分をしっかり拭き取ったのに、薄力粉をつけてから焼くまでに時間が経ってしまうと、薄力粉が魚の水分を吸ってしまい、これもまた、上手に焼けない原因になってしまいます。
  • 焼いている最中は上手く焼き色が付いているかなど気になるかとは思いますが、なるべく触らないようにしましょう。
    焼いている最中に魚を触ってしまうと、せっかくの薄力粉がはがれてしまい、上手に焼くとができません。薄力粉は魚のうまみをコーティングしてくれる大切な役割があります。じっと我慢しましょう!
  • 焼いている際に、フライパン内のバターをかけながら焼くことによって、バターの風味が魚に良く染み、美味しく仕上がります。

 

 

今回は、鮭で行いましたが、ムニエルは白身魚でも美味しく食べることができます。是非試してみてください。

 

 

 

go to top