テーマ
タグ
メニュー

Olivenote 編集部が、全部作ってお届けするレシピ。失敗しちゃっても、失敗ポイント含めてご紹介しちゃいます。

Olivenoteレシピ
公開日:

絶対美味しい! 和風アレンジのガーリックシュリンプ

今年も気がついたら11月…。あっという間に2018年の年末が迫って参りました。これからの時期、クリスマスや忘年会でホームパーティーが増えますよね。

そこで今回は、オリーブオイルを使った“絶対美味しいテッパンメニュー”のご紹介です。

 

 

オリーブオイルユーザーは敢えての醤油コンボで!

ガーリックシュリンプと言えば、オリーブオイルでエビとにんにくを炒めたハワイの名物料理です。一般的には、塩コショウとバターで味つけをします。

 

しかし、我々日本人は知っています。オリーブオイルと醤油の相性が抜群であることを。そこで敢えて醤油で味つけをしてみたところ、絶品ガーリックシュリンプが完成しました。今年のパーティーメニューの一品は、これで決定です。

 

ちなみに、本場ハワイのガーリックシュリンプは殻つきのまま調理します。しかし、パーティーメニューでゲストの指が汚れてしまう殻つきを出すのは、少し気が引けませんか。こそで、今回は殻を取って調理してみました。食べやすいうえに味もよく絡んで、美味しさワンランクアップです。

 

 

和風ガーリックシュリンプの作り方

 

【材料】(2~3人分)

  • エビ:250g程度(ブラックタイガーや赤エビがおススメです。今回は赤エビで作りました)
  • オリーブオイル:大さじ3
  • にんにく(チューブタイプ):5cm程度(今回はチューブタイプを使用しましたが、もちろんにんにくのみじん切りでもOK)
  • 醤油:大さじ2

 

【作り方】

  1. エビの殻をむく。 

    しっぽ以外はすべて剥いてしまう

  2. 背中に切れ込みを入れて、背ワタ部分が出るようにする。 

    軽く切るだけで大丈夫

  3. 爪楊枝を使って、背ワタを取り除く。 

    爪楊枝ですくい上げるように

  4. ③にオリーブオイルとにんにくを揉み込む。 

    オリーブオイルをたっぷり

  5. ④をオリーブオイルごとフライパンに入れて中火にかけ、両面をこんがり焼く。 

    焼きすぎない方が美味しい

  6. 両面が焼けたら、最後に醤油を回しかけて完成です。 

    こんがり醤油のいい匂い

     

子どもから大人まで大好評で、あっという間に完売御礼となりました。大人のお皿には、最後に香りを立たせるために追いオリーブオイルをかけても美味しいですよ。テーブルに並べてから、ゲストの前でとっておきのエキストラバージンオリーブオイルをかけると、盛り上がって良い話題になるかもしれません。

go to top