テーマ
タグ
メニュー

今夜のおかずにもう一品。「オリーブオイルと春キャベツのチキンサラダ」簡単レシピ

公開日:

キャベツが出回る季節になりました。みずみずしくて美味しいですよね。春キャベツは葉もやわらかく水分も多いので、生で食べるのが一番おすすめです。

今回ご紹介するのは、ヘルシーなササミ肉と春キャベツを使った超簡単なレシピです。仕上げにオリーブオイルをたっぷりかければ、オリーブの芳醇な香りただようリッチな仕上がりになりますよ。

毎日のお料理では、献立を考えるのも一仕事。

「今日は何にしよう」「ありもの食材でもう一品、簡単に何かつくりたいなぁ」ということ、よくありますよね。

「もう一品つくりたいけど手間はかけたくない」というときに、ぜひお試しください。

おかずやおつまみ、主食にもなる万能サラダ

「サラダ」と言うと、どうしても副菜のイメージがありますが、今回ご紹介するオリーブオイルと春キャベツのチキンサラダは、主菜としても活躍してくれる満足感のある一品です。

たっぷりの春キャベツに鶏肉が入ることで、しっかり満腹感も得られ、また食べ過ぎることなく効果的にたんぱく質を摂取できます。

そして食欲そそる香り豊かなオリーブオイルの栄養も摂取することができます。

おかずやおつまみにもいいですが、ダイエット食として朝食の代わりにしたり、前菜として食べることで過食を防いだりと、毎日の健康と美容に重宝しますよ。

オリーブオイルと春キャベツのチキンサラダ

材料(夫婦二人でたっぷり食べられる分)

・ササミ肉 2枚

・春キャベツ 1/4個

・塩 小さじ1/2

・(A)マスタード 大さじ1

・(A)マヨネーズ 大さじ1

・(A)ブラックペッパー 小さじ1

・エクストラヴァージンオイル 大さじ3

今回使用したのは、YONCA(ヨンジャ)のエクストラバージンオリーブオイル。

エーゲ海沿岸で栽培されたオリーブを手摘みで収穫した一番摘みのオイルです。

ちなみに「エクストラバージン~」や「エキストラバージン~」と表記されたオリーブオイルがありますが、どちらも「Extra Virgin」を表し、意味は同じ「一番摘み」です。

下準備

1.ササミ肉のスジをあらかじめ取っておきます(魚の皮を引く容量で簡単に取れます)。

作り方

1.春キャベツを千切りにします。

2.千切りにした春キャベツをポリ袋などに入れ、塩を加えてよく揉みます。

3.塩が全体に行き渡ったら、冷蔵庫で15~30分程度置いておきます。

4.ササミ肉を蒸し器にセットし、強火で10分ほど蒸します。

5.蒸しあがったササミ肉を、フォークとスプーンを使い温かいうちにほぐします。

6.塩もみした春キャベツをポリ袋に入れたまま絞り、水気を切ります。

7.キャベツが入ったポリ袋にほぐしたササミ肉を加え、(A)を入れて和えます。

8.仕上げにエクストラヴァージンオイルをかけて完成です。

ポイント

・キャベツは塩によって水分が抜けてしんなりするため、歯ごたえを残したい場合はやや粗めの千切りにしてください。

・千切りにしたキャベツをポリ袋で揉むときは、思い切りにぎり込むようにして力を入れて揉むと簡単&早くしんなりさせられます。

・ササミ肉をほぐす際はフォークで肉を抑えながら、肉繊維にそってスプーンでほぐしていきます。むりやりちぎると繊維が壊れて水っぽくなってしまうので、あまり力を入れず繊維にそって自然にほぐしてください。

お好みの食材でアレンジは無限大

シンプルで飽きのこないこのレシピは、アレンジの幅も無限大。

お好みでパプリカやトマトを加えたり、キュウリと合わせたりしてもおいしくいただけます。

すり白ゴマを加えてコクを出すのもおすすめです。レモン果汁を加えてさっぱり仕上げてもおいしいですよ。

作り方2の春キャベツの塩もみをたくさん作っておけば、保存もききますし他の料理に応用できますね。

もちろんササミ肉はムネ肉で代用することもできます。お手軽・簡単でヘルシーなのにお箸が止まらないチキンサラダ、ぜひお試しください。

関連情報

基本のカルパッチョの作り方とおすすめの食材7選

野菜の旨味たっぷり「ベジタリアン・ハヤシライス」の作り方

go to top