テーマ
タグ
メニュー

タラコ×酒粕×オイルで絶品和風パテ / 発酵食材とオリーブオイル

公開日:

タラコや明太子といった魚卵には、春の健康診断で「コレステロール高いですね、食事に気を付けてください」と宣告されるリスクに打ち勝つだけの魅力がある。摂りすぎは良くないとわかっていても、あの深い旨味には抗えない。

とはいえ、確かにそのままでただつまむだけ、ごはんにのせるだけではコレステロールが気になるし、塩気も多い。しかもごはんなどはその旨さゆえにジャンジャン進んでしまうではないか。これはまずい。

何かと和えればタラコそのものの量を抑えることができて、塩分摂りすぎの罪悪感も薄まるのだが…と考えて思いついた。

腸活のエース「酒粕」は旨味も抜群

選んだパートナーはわさび漬けからヒントを得た酒粕。酒粕には「レジスタントプロテイン」という物質が含まれていて、胃では消化されにくく、小腸でコレステロールなど脂質をつかまえる働きがあるという。

おお、これならタラコで体に入ったコレステロールを小腸でつかまえてくれそうだ。まさにプラマイゼロ、ことによるとプラスかもしれない。しかも酒粕の旨味も加わったら間違いなくおいしいだろう。

タラコ酒粕にオリーブオイルもプラス

タラコと酒粕を合わせただけでもおいしいだろうが、オリーブオイルを加えて和風パテ仕立てにすれば、ごはんだけでなくパンにも、サラダにも合いそうだ。

生で食べるものだから、オリーブオイルはぜいたくにエクストラバージンを使いたい。
方針が決まったところで、作り方をご紹介。

タラコ×酒粕×オイルパテの作り方

材料

  • タラコ:ひと腹(タラコがペアでくっつている状態のものを1つ)
  • 酒粕:タラコの重さよりやや少なめ(ただしお好みで)
  • みりん:大さじ1/2
  • 醤油:大さじ1/2
  • エクストラバージンオリーブオイル:大さじ2
  • 粗びきコショウ:少々

作り方

1. 酒粕に、醤油とみりんを入れてよく混ぜる。酒粕が硬い場合は、レンジで1~2分程度あたためると柔らかくなって混ぜやすくなる。

2. タラコを包丁で縦に割いて包丁で卵だけをしごくように出す。


醤油、みりんと混ぜた酒粕とその他材料

3. タラコ、酒粕、オリーブオイル、コショウを合わせてムラがないように混ぜてできあがり。


ムラなく混ぜるだけでできあがる

これからおいしくなる新玉ねぎをスライスして水でさっと洗ってから絞って器に盛り、エクストラバージンオリーブオイルをかけてタラコパテをのせる。混ぜながら食べると適度な塩気とコクがたまらない。


コショウをもうひと振りしてピリッと

この和風パテは、パスタはもちろん、バゲット、おにぎりの具にも向いている。ガラス瓶などに空気を抜きながら詰めて冷蔵庫で1週間ぐらい置くと、酒粕でタラコが漬かって一層おいしくなる。

酒粕を調味料として使いこなそう

酒粕、特に板粕はその名の通り板のように硬くて、どうやって使うかわからないという声も聞く。でも、レンジであたためると柔らかくなって扱いやすくなるから、醤油やみりん、砂糖を混ぜて肉や魚を漬けてみよう。安い輸入肉もびっくりするほど柔らかく、深みのある味になるのだ。

素材をおいしくする上に、レジスタントプロテインも含まれる健康食品なので、調味料としてぜひ常備したい。

今回使用したオリーブオイル

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。
搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。

この記事に関連するタグ
go to top