テーマ
タグ
メニュー

豚肉のスタミナサラダ/居酒屋なぎさ亭(酒のアテ)

公開日:

酒、特にこれから旨いビールや酎ハイなどの冷たい酒のアテというと、焼き鳥、フライドポテト、焼肉、餃子、ピザなど、なんとなく脂っこくて野菜が少ないものが多い。

最近、運動不足でコレステロールも高めですよとの指摘を受けている私としては、酒は飲みたし、脂っこいアテは恐し…というジレンマに陥っている。

野菜を摂らなきゃというと突き出しで出てくる程度の野菜サラダでは到底足りないし、だからといってウサギじゃあるまいし、パリパリとレタスやきゅうりをかじるだけでは酒が飲めない。

そこでメインのアテとして食べ応えもあり、かつ野菜もたっぷり摂れるサラダを考えた。

肉も一緒に摂れる一石二鳥サラダ

ボリュームあるサラダをメインにというと、シーザーサラダに温玉をのせて、ドレッシングたっぷりでは脂分の摂りすぎになるので、ここは豚の赤身肉を使って良質のたんぱく質を一緒にバランスよく摂れるサラダを作る。

豚肉はビタミンB1が豊富で、牛肉や鶏肉の約10倍も含まれている。なんとなく疲れているとか、肩こり、だるさに効果があるという。最近、5月病?のように疲れを感じてやる気が起きない私にはぴったりかもしれない。

ドレッシングには、豚肉のおいしいエキスに旬の新玉ネギ、ニンジンをすりおろしたものを合わせ、熱いまま野菜にかけてしんなりさせて味をなじませる、ご飯のおかずにもなるごちそうサラダだ。

豚肉のスタミナサラダの作り方

新玉ネギとニンジンをすりおろすのが少々手間だが、おいしい酒を飲むためならちょっとの苦労もいとわないようにしたい。すりおろしが面倒なら、フードプロセッサーにかければあっという間にできあがるので、フープロのある方はやったね!と喜ぶべし。

【材料】大皿1皿分

  • 豚肉(しゃぶしゃぶ用の赤身):100g

豚肉下味用

  • 醤油:大さじ1
  • 日本酒:小さじ1
  • 胡椒:少々
  • オリーブオイル:大さじ2

ドレッシング用

  • 新玉ネギ:大1個
  • ニンジン:大1/2本
  • ニンニク:1かけ
  • レモン果汁:1個分
  • 醤油:大さじ1
  • オリーブオイル:大さじ1

サラダ用野菜

  • レタス:1/2個
  • サニーレタス:1/2個
  • トマト:大1個
  • きゅうり:1本


サラダ用野菜以外の材料

【作り方】
1. ボウルに豚肉、醤油、日本酒、胡椒、オリーブオイルを入れてよくもみ込んでおく。
2. 新玉ネギ、ニンジン、ニンニクをすりおろすかフードプロセッサーにかける。
3. サラダ用野菜のうち、レタスはちぎり、きゅうりとトマトは乱切りにして大皿に盛っておく。
4. 熱したフライパンにオリーブオイル、ニンニクを入れて香りが出るまで少し炒める。


香りが出るまでニンニクを炒める

5. ニンニクの香りが出たところでニンジンのすりおろしを入れて3分程度炒め、その後新玉ネギを入れて5分程度炒める。


火の通りの悪いものから炒める

6. 5に1の豚肉を入れ、豚肉に火が通るまで炒める。


野菜をよけて豚肉を投入


焼き目を付けてから混ぜて炒める

6. 豚肉に火が通ったら醤油、レモン汁を入れて30秒程度熱を入れ、アツアツにしてから3の野菜にザっとかけてできあがり。生野菜がしんなりして味がしみる。

ごちそうサラダでビールが進む!

このサラダは、肉ごとドレッシングにしてしまう、ボリューム満点の一品。今の時期は新玉ネギがみずみずしく甘くておいしいので、特におすすめ。

ビールが進むのはもちろん、ご飯のおかずにも、またパンにはさんでもイケる。

ニンニクも入ってスタミナ満点。生野菜も一緒に食べるので満足感も得られ、腹周りの気になるお父さんに作ってあげてほしい。といっても、このサラダをアテにガバガバとビールを飲んだら一緒かなぁ。

今回使ったエキストラバージンオリーブオイル




写真を触ると360度まわります

オリーブオイル・ヌーボー
ピエトラ・コロンビナ

希少なトスカーナ州産のオリーブオイルヌーボー、流通量はイタリア全体での1割に満たない希少品。

  • 年に一度だけの早摘みオリーブを使用
  • 鮮度にこだわって空輸
  • ヌーボーならではの香りにこだわった、ノンフィルター製法

鮮烈な香りと、ふくよかな甘みの後にスパイシーな刺激が。そのままパンにつけていただくと、オリーブオイルの特徴がよくわかります。

https://shop.nisshin.oilliogroup.com/user_data/pietra

この記事に関連するタグ
go to top