オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2018年9月12日

栄養士が教える、外はカリっと中ふっくらの美味しいムニエル

栄養士が教える、外はカリっと中ふっくらの美味しいムニエル

家庭料理の定番、洋食の魚料理といえば、何が思い浮かべますか?

卵を使ったピカタや、蒸し料理のポッシュなどいろいろありますが、今回はシンプルだけど、作るのに少しコツがいるムニエルの作り方を紹介したいと思います。

ムニエルを作る時、「上手に焼けない」「お店で出てくるような仕上がりに出来ない」なんてことありませんか?お店に出てくるような、上手に焼けるコツの4つをお伝えていきたいと思います。

外はカリっと中ふっくらの美味しいムニエルの作り方

【材料】(4人分)

  • 鮭:4切れ
  • 塩:少々
  • 胡椒:少々
  • 薄力粉:大さじ3
  • バター:20g

(ソース)

  • オリーブオイル:大さじ2
  • レモン汁:大さじ1
  • 塩:少々

(付け合わせ)

  • しめじ:100g
  • マッシュルーム:150g
  • えのき:50g
  • オリーブオイル:大さじ1
  • 塩:少々
  • 胡椒:少々

【作り方】

  1. 鮭に塩、胡椒をふり、鮭の余分な水分をキッチンペーパー等で拭き取る。ここで、しっかり水分を拭き取らないと、薄力粉をつけた際にベチャベチャになってしまい、上手に焼くことができなくなってしまうので、しっかり拭き取りましょう。
  2. ふるいを使用し薄力粉を、両面に薄くまぶし、焼く前にしっかりはたく。
  3. フライパンにバターを入れ、中火にかける。バターが軽く泡立ってきたら、盛付時に上にしたい方を下にして入れる。
    ※皮目の付いた魚を使用する場合は、皮を下にして先に焼くとカリッと仕上がります。
  4. 焼き色がついてきたら、ひっくり返して裏面も焼く。この時バターをかけながら焼くとバターの風味が広がり、美味しく焼きあがります。
  5. 裏面も焼けたら、鮭をお皿に盛りつけ、使っていたフライパンに、オリーブオイル、塩を入れ軽く温める。あったまったら、最後にレモン汁を加えムニエルにかけ、ソースとムニエルの完成。
ムニエル

【付け合わせの作り方】

  1. マッシュルームをスライスし、えのき、しめじは石づきをとり、ほぐしておく。えのきは半分に切っておくと食べやすい大きさになるが、面倒の場合はそのままでもOK!
  2. フライパンに、オリーブオイルをしき、中火で①を軽く炒める。
  3. 塩、胡椒で味を整え完成!
付け合わせ

ムニエルの作り方のポイント

魚の下処理は塩胡椒をして、しっかり水分を拭き取りましょう。

薄力粉は焼く直前に!
せっかく魚の水分をしっかり拭き取ったのに、薄力粉をつけてから焼くまでに時間が経ってしまうと、薄力粉が魚の水分を吸ってしまい、これもまた、上手に焼けない原因になってしまいます。

焼いている最中は上手く焼き色が付いているかなど気になるかとは思いますが、なるべく触らないようにしましょう。
焼いている最中に魚を触ってしまうと、せっかくの薄力粉がはがれてしまい、上手に焼くとができません。薄力粉は魚のうまみをコーティングしてくれる大切な役割があります。じっと我慢しましょう!

焼いている際に、フライパン内のバターをかけながら焼くことによって、バターの風味が魚に良く染み、美味しく仕上がります。

今回は、鮭で行いましたが、ムニエルは白身魚でも美味しく食べることができます。是非試してみてください。

オイルの紹介

ピエトラ・コロンビナ

ピエトラ・コロンビナ

トスカーナ州産の実を使用したオリーブオイルの「ヌーボー」

「ピエトラ・コロンビナ」はオリーブの香りをありのままに残すためにオイルの濁りを取ることすら拒否したノンフィルター製法で作られています。ノンフィルター製法とは、細かい目のフィルターやろ紙を用いた「ろ過」処理を行わず、静置により上澄み部分だけを取り分ける贅沢な製法です。
「ピエトラ・コロンビナ」にはうっすらとした濁り や、底には澱が見られますが、これはノンフィルター・エキストラバージンオイルの証。通常のオリーブオイルでは味わえないオリーブ果実から搾ったそのままの香りと風味を味わうことができます。(通販限定)
2020年ヌーボーは秋の発売を予定しています。
企画:オリーブノート編集部
記事:
「オリーブノートレシピ」の他の記事
おすすめの人気記事
記事一覧
MCTオイル

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

オリーブクエスト

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報