オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2018年11月19日

ごはんもビールもとまらない!絶品ガーリックシュリンプ

今年も気がついたら11月…。あっという間に2018年の年末が迫って参りました。これからの時期、クリスマスや忘年会でホームパーティーが増えますよね。

そこで今回は、オリーブオイルを使った絶対美味しいテッパンメニューのご紹介です。

オリーブオイルユーザーは敢えての醤油コンボで!

ガーリックシュリンプと言えば、オリーブオイルでエビとにんにくを炒めたハワイの名物料理です。一般的には、塩コショウとバターで味つけをします。

しかし、我々日本人は知っています。オリーブオイルと醤油の相性が抜群であることを。そこで敢えて醤油で味つけをしてみたところ、絶品ガーリックシュリンプが完成しました。今年のパーティーメニューの一品は、これで決定です。

ちなみに、本場ハワイのガーリックシュリンプは殻つきのまま調理します。しかし、パーティーメニューでゲストの指が汚れてしまう殻つきを出すのは、少し気が引けませんか。こそで、今回は殻を取って調理してみました。食べやすいうえに味もよく絡んで、美味しさワンランクアップです。

和風ガーリックシュリンプの作り方

【材料】(2~3人分)

  • エビ:250g程度(ブラックタイガーや赤エビがおススメです。今回は赤エビで作りました)
  • オリーブオイル:大さじ3
  • にんにく(チューブタイプ):5cm程度(今回はチューブタイプを使用しましたが、もちろんにんにくのみじん切りでもOK)
  • 醤油:大さじ2

【作り方】

1.エビの殻をむく。

しっぽ以外はすべて剥いてしまう

2.背中に切れ込みを入れて、背ワタ部分が出るようにする。

軽く切るだけで大丈夫

3.爪楊枝を使って、背ワタを取り除く。

爪楊枝ですくい上げるように

4. 3にオリーブオイルとにんにくを揉み込む。

オリーブオイルをたっぷり

5. 4をオリーブオイルごとフライパンに入れて中火にかけ、両面をこんがり焼く。 

焼きすぎない方が美味しい

6. 両面が焼けたら、最後に醤油を回しかけて完成です。 

こんがり醤油のいい匂い

子どもから大人まで大好評で、あっという間に完売御礼となりました。大人のお皿には、最後に香りを立たせるために追いオリーブオイルをかけても美味しいですよ。テーブルに並べてから、ゲストの前でとっておきのエキストラバージンオリーブオイルをかけると、盛り上がって良い話題になるかもしれません。

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
「オリーブノートレシピ」の他の記事
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報