オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2020年8月24日

生スイートポテト専門店「OIMO」 初の路面店が三軒茶屋にできたので行ってみた

生スイートポテト専門店「OIMO」 初の路面店が三軒茶屋にできたので行ってみた

インターンライターの龍河(リョウガ)です!
せっかくの夏休みなのに遠くへお出かけすることはできないし、毎日猛暑日だしと夏休みなのにイマイチ満喫できない日々を過ごしている方もいるのではないのでしょうか。
そんなときは、美味しいスイーツを食べてストレス発散しましょう!

ということで、今回は東京・三軒茶屋に新しくオープンした生スイーツポテト専門店「OIMO(オイモ)」に行ってきました!

生スイートポテト専門店「OIMO(オイモ)」初の路面店が三軒茶屋にオープン

巷で話題の生スイートポテト専門店が8月14日に三軒茶屋にオープンしました!
「OIMO」は、これまで期間限定のポップアップストアとオンライン上での販売のみの展開でしたが、今回は初めての常設店舗オープンとのこと。

お店の前も待機列ができており、賑わっていました。

しっとり滑らかな定番のスイートポテトはもちろん、プリンやシュークリーム、スムージーなどサツマイモの美味しさを楽しめるスイーツを提供しています。

今回は、定番のスイートポテト、三軒茶屋店限定のシュークリーム、そしてスムージーをテイクアウトし、レビューしていきます。

一番人気の定番「生スイートポテト プレーン」

「OIMO」の定番商品が生スイートポテト。
こちらはラインナップがプレーン、ブリュレ、紅いも、カカオ、抹茶、ほうじ茶の6種類あり、その中でも一番人気なのがプレーン味です。

「OIMO」の定番商品が生スイートポテト

こちらがプレーン味のスイートポテトです。

「OIMO」のスイートポテトは、サクサクのパイの上に滑らかなさつまいもペーストが載っており、滑らかかつサクサクな舌触りが楽しいスイーツとなっています。

食べてみると、その舌触りにまず驚きました。
「生」というだけあってさつまいもペーストが非常に滑らかでしっとりとしています。
また、さつまいもの優しい甘さが口の中に広がってきます。

「OIMO」の定番商品が生スイートポテト

逆にパイ生地が、サックサクの食感でペーストの滑らかさだけでは物足りない食感を補っています。
そしてバターの風味がやみつきになりそう!

滑らかなペーストとサクサクのパイ生地のコントラストが絶妙で、お互いがお互いを引き立ってあっています。

こちらのペーストは、焼かずに仕上げることでしっとりと滑らかな舌触りを保っているそうです。
パイ生地は248層にも重なっており、風味豊かなバターを使用して焼き上げられているとのこと。
そのため、こんなにサクサクに仕上がるのですね。

飲む生スイートポテト!?「OIMO クリームスムージー」

さて、次は”飲む生スイートポテト”がコンセプトの「OIMO クリームスムージー」です。

飲む生スイートポテト!?「OIMO クリームスムージー」

「撮ってくれ」と言わんばかりのフォトジェニックな壁が入り口にあったのでスムージーを片手にパシャリ。
クリームスムージーはプレーンと紅いもの2種類があり、今回は紅いもをチョイス。

クリームと、濃厚な紅いものスムージーの中にはサクサクのパイ生地が沈んでいます。

飲む生スイートポテト!?「OIMO クリームスムージー」

クリームの上にはパウダーが散らされていて、見た目もとてもキュートです!

飲んでみるととても濃厚で滑らかで、紅いものほんのり苦い大人の甘さが広がります。
そして、時折サクサクのパイ生地が口の中にやってきてそれがアクセントとなって、まさに先ほどの生スイートポテトをそのまま飲んでいるような感覚です!

「飲む生スイートポテトなんて、重たそう」なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、暑い夏でもスイスイ飲めてしまいます。

きっと、紅いもの自然な甘さがそのまま生かされているため、濃厚なのにも関わらず、変に甘すぎずスイスイ飲めてしまうのでしょう。

三軒茶屋店限定!「OIMO マスカルポーネシュー」

最後に紹介するのは、三軒茶屋店限定の「OIMO マスカルポーネシュー」です。

三軒茶屋店限定!「OIMO マスカルポーネシュー」

サクサクのパイ生地の中にはクリームがたっぷり詰まっています。

三軒茶屋店限定!「OIMO マスカルポーネシュー」

このクリーム、なんとマスカルポーネチーズと安納芋カスタードが合わさってできておりとっても贅沢なクリームです。

食べてみると、サクサクなパイシューからクリームが溢れるように出てきます。
そして超絶濃厚!
マスカルポーネチーズの香りと安納芋の甘さがマッチしていてとても美味しいです。

生スイートポテトの濃厚さは繊細なものでしたが、こちらは暴力的な濃厚さ。
シュークリームは溢れんばかりのクリームと格闘しながら食べるのも、一つの醍醐味だと思っている僕としてはとても嬉しい商品です。

まとめ

以上の3商品、どれも大変素晴らしいスイーツでした!

何よりすごいと感じたのは、夏の暑いときはどうしてもさっぱりした物が食べたくなり、スイートポテトのようなしっとりしたスイーツは敬遠されがちですが、「OIMO」の生スイートポテトは冷たい状態で提供され、暑い夏でも重たさを感じずに食べれてしまうのです。

素材を厳選し、その良さを生かして作られている、というのも大きなポイントです。

三軒茶屋に路面店がオープンしたばかりですので、夏が終わる前に是非一度食べに行ってみてはいかがでしょうか!?

生スイートポテト専門店 OIMO 三軒茶屋店
住所:東京都世田谷区三軒茶屋1-35-15
公式HP:生スイートポテト専門店 OIMO

企画:オリーブノート編集部
記事:
おすすめの人気記事
記事一覧
MCTオイル

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

MCTオイル

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報