オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2019年3月7日

お弁当にもぴったり「カラフルオリーブオイルおにぎり」春バージョン

オリーブノート編集部の一員としてオイルの勉強を重ねながら、主婦として時短料理も追求した日々を送っています。

日差しの温かさを感じる日も増え、春が近づいてきていますね。

お弁当を持ってお花見やピクニック、また、新年度が始まれば通学・通勤にお弁当持参など、お弁当を作る機会も増える時期ではないでしょうか。

そこでお弁当にぜひ、オイルおにぎりはいかがでしょうか。

オイルおにぎりは、お好みのオイルをその他の調味料や具と一緒にご飯に混ぜて握ったおにぎりで、使うオイルはオリーブオイルやごま油、米油、エゴマ油、アマニ油、ココナッツオイル、マカダミアナッツオイルなど、お好みの風味で選びます。

使う具材によって季節感を感じることもでき、食べる時に手につきにくいオイルおにぎりはお弁当にもぴったりです。

いつものおにぎりに好みのオイルをちょい足しするだけでいい事づくし

冷めても固くならないオイルおにぎりはお弁当にぴったりで、オイルが米の表面をコーティングして保湿の役目をしてくれます。だから冷めても固くならずにしっとり!お弁当にぴったりなんです。

また、オイルおにぎりはおにぎりの風味と、コクがアップし満足感が得られます。

オイルなので腹持ちも良く、食べすぎを防げますので、結果的にダイエット効果が期待できるのです。

オイルをエキストラヴァージンオリーブオイルにすると、オレイン酸の働きによる効果も期待できます。

子供が喜びそうなオイルおにぎりから、お酒のおつまみオイルおにぎりまで、5種類をご紹介します。

お花見気分♪桜色のオリーブオイルおにぎり

桜の花の香りとオリーブオイルの風味が楽しめるシンプルなオイルおにぎりです。

【材料】(ごはん50g位のおにぎり3個分)

  • 温かいご飯 150g
  • エキストラヴァージンオリーブオイル 小さじ2
  • 桜の花の塩漬け 9本
  • 枝豆 30g(正味)
  • 白こしょう 少々
  • 塩 適量

【作り方】

1.温かいご飯にエキストラヴァージンオリーブオイルを加え、切るように全体にムラが無くなるように混ぜます。

2.桜の花の塩漬けをため水でゆするように優しく洗って塩を落とす。

桜の塩漬けの3本は飾りに取り置き、残りの6本分は花びらの部分をちぎり、枝豆、白こしょうと一緒にご飯に混ぜる。

3.2で混ぜたご飯を3等分してラップを使って丸くにぎり、取り置いた桜の花の塩漬けを飾る。(塩味をきかせたい場合は丸める時に表面に振る)

イタリアーンなカラフルオリーブおにぎり

生ハムとパルメザンチーズのオイルおにぎりはピンチョスのよう!ワインのおつまみにもぴったりです。

【材料】(ごはん50g位のおにぎり3個分)

  • 温かいご飯 150g
  • エキストラヴァージンオリーブオイル 小さじ2
  • 生ハム 3枚
  • イタリアンパセリ(葉の部分のみ) 3g
  • イタリアンパセリ(飾り用) 適量
  • 粉チーズ 小さじ2
  • 黒こしょう 少々
  • 塩 適量

【作り方】

1.温かいご飯にエキストラヴァージンオリーブオイルを加え、切るように全体にムラが無くなるように混ぜます。

2.イタリアンパセリ(葉の部分のみ)を粗く刻み、粉チーズ、黒こしょうと一緒に1のご飯に混ぜる。

3.3等分して丸くにぎり、生ハムをかぶせイタリアンパセリ(飾り用)を飾る。

(塩味をきかせたい場合は丸める時に表面に振る)

子供にも人気、春色オリーブオイルおにぎり

子供に大人気ハンバーグとコーンのオイルおにぎりは海苔をボール風に巻いて遊び心をプラス。

【材料】(ごはん40g位のおにぎり3個分)

  • 温かいご飯 120g
  • エキストラヴァージンオリーブオイル 小さじ1と1/2
  • ハンバーグ 30g
  • コーン 25g
  • 塩 適量
  • 焼き海苔 適量

作り方

1.温かいご飯にエキストラヴァージンオリーブオイルを加え、切るように全体にムラが無くなるように混ぜます。

2.ハンバーグは1cm角に切り、コーンと一緒に1のご飯に混ぜる。

3.3等分して丸くにぎり、細長く切った海苔で巻く。(塩味をきかせたい場合は丸める時に表面に振る)

お酒にも合う、春の味覚おつまみオリーブオイルおにぎり

春の味覚、釜揚げしらすもオリーブオイルと良く合います。ワインだけでなくビールや日本酒のおつまみにもなります。

【材料】(ごはん50g位のおにぎり3個分)

  • 温かいご飯 150g
  • エキストラヴァージンオリーブオイル 小さじ2
  • 釜揚げしらす 30g
  • 焼たらこ 30g
  • 菜の花(葉の部分) 5g
  • 飾り用菜の花(つぼみの部分) 適量
  • 白煎りごま 適量
  • 塩適量

【作り方】

1.温かいご飯にエキストラヴァージンオリーブオイルを加え、切るように全体にムラが無くなるように混ぜます。

2.焼たらこはさいの目に切り、菜の花は5mm幅のざく切りにし、釜揚げしらす1のご飯に混ぜます。

3.3等分して丸くにぎり、飾り用菜の花を飾る。(塩味をきかせたい場合は丸める時に表面に振る)

春色焼きオリーブオイルおにぎり

実はオリーブオイルは醤油との相性がとっても良いので、最後は焼きおにぎりです。

チーズのおこげと醤油の香ばしさを楽しめます。

【材料】(ごはん50g位のおにぎり3個分)

  • 温かいご飯 150g
  • エキストラヴァージンオリーブオイル 小さじ2
  • 釜揚げ桜エビ 30g
  • たくあん漬け 30g
  • チーズ 30g
  • 醤油 小さじ1
  • 塩 適量

【作り方】

1.温かいご飯にエキストラヴァージンオリーブオイルを加え、切るように全体にムラが無くなるように混ぜます。

2.たくあん漬けとチーズは7mm角に切り、釜揚げ桜エビと一緒に1に混ぜる。3等分して丸くにぎる。(塩味をきかせたい場合は丸める時に表面に振る)

ポイント:フライパンにつく面を少し平らにすると焼き色がつきやすいですよ。)

さまざまな人が集まる場でも大活躍のオイルおにぎり

エキストラヴァージンオリーブオイルをちょい足しして作るオイルおにぎりは、オイルを生で摂取することでのさまざまな効能が期待できたり、オイルの効果で冷めても美味しく食べることができますので、お弁当にぴったりです。

混ぜる具材もいろいろなバリエーションで作ることができますので、人の好みにも合わせやすく、ホームパーティなど人の集まる場で出す料理としても重宝します。

お花見やピクニック、アウトドア、これから外へのお出かけが増える時期ですので、オイルおにぎりをいつものお弁当のレパートリーに加えて、ぜひお出かけのお供にいかがでしょうか。

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
「簡単イタリアンレシピ」の他の記事
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報