オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2020年1月27日

三軒茶屋で白ワインと和食/シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショーム

国内ワインの消費金額

ワインはお好きですか?

総務省統計局「家計調査(二人以上の世帯)品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング、という面白い調査結果が出ました。それによると、ワインの年間消費金額の全国平均は3319円となっています。ビールの10906円と比べるとずいぶん少ない印象ですね。

地域別では、

  • 1位が東京都区部で7,372円
  • 2位は横浜市で6,442円
  • 3位は川崎市で5,394円

となっており、最下位は鳥取県の1574円でした。

ワイン大好きな編集部としては、ワインの楽しさをもっと伝えたい!を口実に、ワインの食べ歩きレポートを紹介して参ります。

シャブリと和食

編集長:いよいよ食べ歩きワインノート、おなかが鳴るね。

ひよっこ編集(以下ひよっこ):超楽しみにしてました!第一回は、シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショームですからね。

編集長:オリーブノート編集部はイタリア料理を食べに行くことが多いから、この数年イタリア産ワインばかり飲んでいました。なので、記念すべき第一回目は世界的に有名な辛口白ワイン、シャブリでいきましょう。実は私も初めてかも(恥)、というか、飲んだ記憶はありません。

ひよっこ:調べてみると、「シャブリ」はフランスシャブリ地方産のシャルドネを用いた、辛口仕上げの白のスティルワインとありますが、産地・品種・スタイルは同じでもシャブリ・プルミエ・クリュは「クリマ(ブルゴーニュワインの区画畑)ごとに味がぜんぜん違う」そうですね。ちなみに、プルミエ・クリュとは1級、グラン・クリュとは特級という意味なんですね。

編集長:おー、凄い知識。勉強してるね~、ではプルミエ・クリュのフルショームをいただきましょう。

ひよっこ:赤ワインほど、香りが強くないけどふんわり上品に立ち上がるフルーティな香りが好き。

編集長:シャルドネだからね、普段は樽感の強いものを好んで飲んでるけど、これはすっきりしてて飲み口もいい。うん、むしろ和食に向いている感じがする。では、八寸から。

ひよっこ:和食のお料理に合わせても日本酒にはない良さがありますね。とにかく飲みやすくて。八寸はお肉とお魚、野菜もあって幅が広いのですが、すっきりしたシャブリは後味も邪魔しないですね。あん肝と奈良漬とんぶり載せにとってもいい。不思議な感じ。

編集長:同感。次はヤリイカのお造り。うーん、醤油はダメだ。ワインが不味くなるね。ワインとお刺身のマリアージュは塩のほうが相性がいいと思う。今日のお店は藻塩を用意いただいているから嬉しいです。藻塩のミネラル感がワインによくあって、イカのお刺身が美味しく膨らみます。

シャブリと生牡蠣ってホントにあうの?

ひよっこ:私はお寿司屋さんでもワイン飲みますから、知ってました~。
次は難題の三陸生牡蠣ですシャブリといえば牡蛎ですね!でも、あれ?何だろ。。。うーん、ワインのずっしり感がなく、生牡蠣には物足りません。ちぐはぐな感じがします。

編集長:お!率直な意見、いいね。確かに牡蠣にはシャブリ!とよく聞くけど、合わないものは合わないよね。
しかし、どんなシャブリが生牡蠣にはおいしいのだろうか。そのうちいろいろ試したいなぁ。今日のフルショームは柑橘感のある酸味と飲み口の軽さが持ち味だけど、クセのある三陸の生牡蠣だとちょっと後味が悪く、生牡蛎のえごみや生臭さを増長させているだけ。厚岸のブッラータチーズみたいなクリーミーな生牡蠣ならよかったとおもうのだけどね。日本酒の圧勝かな。

ひよっこ:太刀魚の天ぷら、これにはなんの躊躇いもなくシャブリでおいしい!身がしっかりしていて淡白なうま味がワインと相性ばっちり。

編集長:うん。しかし、このお店の太刀魚、季節外れなのにすごくおいしいね。身の太さ、ふかふか感、素晴らしいよ。まさに、シャブリでOKって感じ。

ひよっこ:マスカルポーネいぶりがっこ、やばいですね、いぶりがっこ苦手なんですけど、箸が止まらない。。。シャブリのせいですかね。そういえば、すこしワインが開いてきました?厚みが増してきたような。

編集長:シャブリでも、グレードによって適切な温度があるそうです。

  • プティ・シャブリ/Petit Chablisは、アペリティフであれば8℃程度、食卓では9~10°Cが理想的。
  • シャブリ/Chablisとシャブリ・プルミエ・クリュ/Chablis Premier Cruは10~11°C
  • シャブリ・グラン・クリュ/Chablis Grand Cruは12~14°C

今日はほぼ適温だったんじゃないかな。しかし、きれいにまとまった白ワイン、そんな気がするね。

ひよっこ:そうですね、これはきっと誰が飲んでも美味しいと思ます。ワインって繊細で、すごく違いがあるじゃないですか。好き嫌いも多いと思いますが、そんな中でシャブリのポジションはすごく重要ですね。

編集長:シャルドネの先にある、和食にも合う食事を美味しくするワイン、そんな総評になると思うのだけど、どうかな。

ひよっこ:そうですね。お店で飲むと、ちょっと高いだけありますね。


本日のワイン

シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショーム

ワインのタイプ:白  辛口
国:フランス ブルゴーニュ
品種:シャルドネ
格付け:AOC シャブリ・プルミエ・クリュ
合う料理:魚介料理、牡蛎料理(※編集部的には生牡蛎はおすすめしない)
飲み頃温度:10〜12°C
容量:750ml
参考小売価格(税抜き):4,700円 ※販売会社HP参照


本日のお店

めから鱗

店名:魚と酒 めから鱗
住所:東京都世田谷区太子堂5-2-11 ライオンズマンション 1F
アクセス:三軒茶屋駅から徒歩6分
電話:03-6450-8310
営業時間:【月~木、日】18:00~翌1:00(L.O.食事24:00、飲み物24:30) 【土】 18:00~翌3:00(L.O.食事26:00、飲み物26:30)
定休日:不定休
Instagram:@mekarauroko_sancha56
https://www.instagram.com/mekarauroko_sancha56/

企画:オリーブノート編集部
記事:
おすすめの人気記事
記事一覧
MCT CHARGE ゼリー PRO

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

MCTオイル

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報