オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2020年5月18日

青森の人気店「長尾中華そば」で朝ラーメン

朝にラーメンなんてと考えている人にちょっと聞いてほしい話です。体に悪いとわかっていながらそれでも食べたくなるのがラーメン。ではいつ食べると健康被害が少ないのか? 夜は食べちゃダメでしょ、ぜったい。炭水化物と塩分を過剰摂取してからのおやすみなさいは、デブ活まっしぐらです。

「パワー系朝ごはん」なんていうワードで注目を集めた「朝ラー」。今回は、初めて朝にラーメンを食べたという朝ラー経験の記録です。

青森の人気店「長尾中華そば」で朝ラーメン

朝ラーの列に並んでみる

その日は5時過ぎに起床し、支度をして出ました。今回向かった先は朝ラーメンを実施している有名店「長尾中華そば」。大手回転すしチェーンとコラボしたり、都内にも出店したりするなど、その名は全国に浸透しつつあります。

朝ラーメンを実施している有名店「長尾中華そば」

7時から開店。その前に着いてしまったので、少し店の前で待っていると、いつの間にか開店を待つ早起きさんたちが集まってきました。

朝ラーメンを実施している有名店「長尾中華そば」

家族連れの姿もあり、朝ラーって意外と浸透しているんでしょうか。入店したからも次々と来店があり、注文したラーメンが来る前にはまさかのほぼ満席状態。すごい。

朝ラーを実食レポ

選んだメニューは店のスタンダードでおすすめという「こく煮干し」。朝からラーメンだけでもかなりの背徳感はありますが、さらにドロドロのパワーがありそうなものを注文してしまいました。

朝ラーメンを実施している有名店「長尾中華そば」

水、ライス、おしんこはセルフサービス。とりあえず自分の分を取りに行って、待つこと10数分。出てきましたラーメン。

店のスタンダードでおすすめという「こく煮干し」

じゃじゃん! 朝からこんなものを食べるなんて。証拠として7時17分を指しているスマホを置いておきます。それではいただきます。

煮干しスープ

まずはスープから。思ったよりマイルドですが、煮干しの旨味を残しながら角の取れた味わい。それでも朝から五臓六腑に過激に染み渡る目が覚めるような煮干しスープです。

店員さんおすすめの中太麺

次に麺。店員さんおすすめの中太麺。煮干しの効いたスープがうまい具合に絡み、するすると食べてしまいます。体が熱くなり、汗も自然と出てきました。新陳代謝は朝ラーでよくなるかも。水も忘れずに多めに取りました。ごちそうさまでした。朝から満腹すぎる…

その日に起きた、ある出来事

店のスタンダードでおすすめという「こく煮干し」

完食したその日の報告です。まず11時過ぎに昼食を何にしようかと考え始めましたが、朝からラーメンを食べたという事実がブレーキとなり、ラーメン以外の何かという選択肢が生まれました。しかも炭水化物を多く食べてしまったという罪悪感から炭水化物以外のものを選び、コンビニで揚げ物を買いました(カロリー的にはいいのか?笑)。

夜は飲み会に参加。ちまちまと居酒屋メニューを食べながら、ほどよく酔っていました。会話に夢中となり、いまいちお腹が満たされていない状態で、さぁ帰ろうかとしていた時分に追い打ちをかけるように〆のラーメンのお誘い。

しかし、ここでも頭の中では、朝にラーメンを食べたというブレーキが発動。万年イエスマンの自分を制御。おとなしく帰りました。

振り返りと後日談

人はなぜラーメンを食べるのか?ラーメンがあるからか?それとも食べたい欲求が先なのか?
そんな禅問答を繰り広げながらベッドの中で考えてみると、朝にラーメンを食べたことで、その日の行動に終日制約がかかりました。

実は翌日はまれに見る快便で、体調は良好でした。朝ラーが原因かまでは定かではありませんが、早起きもできたことで体内時計が整ったのかもしれません。体に悪いと言われながらそれでも食べてしまうのがラーメン。ではいつ食べるか?朝でしょ!
皆様の健康の参考になれば。

長尾中華そば 西バイパス本店
青森県青森市三好2-3-5
営業時間 7:00~20:00(平日)、7:00~15:00(土日祝)月曜定休

企画:オリーブノート編集部
記事:工藤健

「食べ歩き」の他の記事
おすすめの人気記事
記事一覧
MCT CHARGE ゼリー PRO

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #olivenote #オリーブノート
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報