オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2021年11月30日

実は美味しい!組み合わせのねぎとパンを味わうレシピ3選

実は美味しい!組み合わせのねぎとパンを味わうレシピ3選

ねぎは年間を通して出回っていますが、11〜2月頃の寒い時期が旬になります。まさに今が旬のねぎ。旬の時期には、一層甘みが増し、風味の良いねぎを味わうことができます。
薬味や炒め物、鍋料理などでも大活躍のねぎ。パンと一緒に食べるイメージはあまりないかもしれませんが、台湾では、パン生地にねぎをたっぷりのせて焼いたソウルフードがあったり、日本でも熊本県のご当地パンとして、もちもちの生地にたっぷりのねぎを練りこんだネギパンがあったりと、実は、パンと合わせても美味しく食べられるんです。
今回は、ねぎとパンを一緒に楽しめるレシピを紹介します。ぜひ、今が旬の美味しいねぎで作ってみてくださいね。

  • ルイーザ(LUISA)

ねぎの魅力

ねぎは栄養が豊富で、免疫力アップにもおすすめの野菜です。ねぎの品種や白ねぎと青ねぎの違い、保存方法などはこちら(ねぎの旬はいつ?/旬の野菜と基礎知識)でご紹介しています。

白ねぎのアヒージョ

白ねぎのアヒージョ

とろっと甘い白ねぎとにんにく香るオリーブオイルが美味しい一品です。オリーブオイルごと味わうのがアヒージョの魅力なので、ぜひ、美味しいオリーブオイルを使用して作ってくださいね。

材料(2人分)

材料(2人分)
  • 白ねぎ 1本
  • ミニトマト 4個
  • にんにく 1かけ
  • 鷹の爪 1/2本
  • オリーブオイル 大さじ4
  • 塩 少々
  • ブラックペパー 適量

作り方

1. 白ねぎを3〜4cmに切り、にんにくはスライスする。鷹の爪は種を取り除き、輪切りにする。

2. フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて弱火にかける。

オリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて弱火にかける

3. にんにくの香りがたったら、白ねぎを加えて弱火でじっくり炒めながら火を通す。

白ねぎを加えて弱火でじっくり炒める

4. 白ねぎがしんなりしてきたら、ミニトマトを加える。ミニトマトの皮が柔らかくなったら、塩で味をととのえ、ブラックペパーをふる。

ミニトマトを加える

薄めにスライスして、カリッとトーストしたバゲットと合わせるのがおすすめ。オリーブオイルにも白ねぎの旨味が出ているので、ぜひ、たっぷり浸しながら味わってください。

カリッとトーストしたバゲットと合わせるのがおすすめ

ねぎとツナのタルティーヌ

ねぎとツナのタルティーヌ

青ねぎとツナをオリーブオイルで和えてカンパーニュにのせました。隠し味の味噌がポイント!ねぎの旨味と香りを味わえるタルティーヌです。

材料(1人分)

材料(1人分)
  • カンパーニュ 1枚
  • 青ねぎ 1本
  • ツナ 1/2缶(約35g)
  • 味噌 小さじ1/2
  • オリーブオイル 小さじ1
  • レモン汁 小さじ1/2
  • 砂糖 ひとつまみ
  • チーズ 適量
  • ブラックペパー 適量

作り方

1. 青ねぎは小口切りにし、ツナは軽く水気を切る。

2. 味噌、オリーブオイル、レモン汁、砂糖を混ぜ合わせ、1を和える。

3. 2をカンパーニュにのせ、チーズをかけてトースターで焼く。

チーズをかけてトースターで焼く

4. チーズが溶けてこんがり焼き色がついたら、ブラックペパーをふる。

ブラックペパーをふる

味噌とオリーブオイルの組み合わせは、コク深い味わいと香りが美味しいだけでなく、栄養面でも相性ばっちりです。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、腸を刺激してはたらきを活性化させてくれるので、発酵食品である味噌と合わせることで、より効果的な腸活ができますよ。

ねぎのガーリックフランス

ねぎのガーリックフランス

ガーリックフランスといえば、パセリを使用するのが一般的ですが、今回はねぎを使用しました。ねぎの香りがアクセントになった、ひと味違うガーリックフランスです。

材料(2人分)

材料(2人分)
  • バゲット 1/3〜1/2本(約20cm)
  • 青ねぎ 1本
  • にんにく 2かけ
  • バター 15g
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4

作り方

1. 青ねぎは小口切り、にんにくはすりおろす。

2. バターとオリーブオイルを耐熱容器に入れ、ラップをしてレンジ600Wで10〜20秒加熱し、バターを柔らかくする。

3. 1と2、塩を混ぜ合わせる。

混ぜ合わせる

4. バゲットを縦半分にスライスし、横に数本切り込みを入れ、3をまんべんなく塗る。

バゲットを縦半分にスライスし、まんべんなく塗る

5. トースターでこんがり焼き色がつくまで焼く。

トースターで焼く

ガーリックバターがしみ込んだ香ばしいバゲット。にんにくの香りにねぎのアクセントが絶妙な美味しさです。ねぎはやや細かめの小口切りにした方が、ガーリックバターやパンに馴染んで食べやすくなります。

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more
close

ライフスタイル

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報

ルイーザ(LUISA)