オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2022年11月14日

柿タンニンって知ってる?栄養たっぷりの柿と一緒に楽しむパンレシピ3選

柿タンニンって知ってる?栄養たっぷりの柿と一緒に楽しむパンレシピ3選

美味しい柿が出回る季節になりましたね。柿は、日本の風土に適した果物で、古くから栽培されています。秋から冬に旬を迎え、甘くて美味しいだけでなく、栄養も豊富です。
今回は、そんな魅力がいっぱいの柿と一緒にパンを楽しむレシピを3つ紹介します。どれも手軽に作れるので、ぜひ今が旬の甘い柿で作ってみてくださいね。

今が旬の甘い柿
  • ルイーザ(LUISA)

注目の成分「柿タンニン」とは?

「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど栄養豊富な柿。特に、柿渋の主成分である柿タンニンの効果は近年注目が高まっています。

柿渋に含まれるポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用が特徴です。アンチエイジングや生活習慣病予防のほか、防腐、抗菌、抗ウイルス等の効果も期待でき、石鹸や抗菌スプレー等、幅広く活用されています。
また、二日酔いの原因となるアセトアルデヒドと結合して体外へ排出してくれる働きもあるので、二日酔いにも効果的だといわれています。

柿の種類

実は、柿はとても種類が多い果物です。国内で一番生産量が多いのが富有柿。四角に近い丸形で、濃い甘さが特徴です。
他にも、やや硬めでコリコリとした食感の次郎柿などが一般的で、これらは甘柿と呼ばれています。渋みを感じないのでそのまま食べるのに適しています。

一方、渋柿と呼ばれるものは、熟しても渋みが抜けず、そのまま食べると渋みを感じてしまうので、渋抜き処理されてから出荷されたり、干し柿にしたりして食べられています。丸くて先がとがっている形のものが多いのが特徴です。

柿についてはこちらの記事(柿の旬はいつ?/旬の果物と基礎知識)にも詳しくかかれているのでご覧くださいね。

柿とカマンベールチーズのバゲットサンド

柿とカマンベールチーズのバゲットサンド

柿は塩気のあるものと相性が良い食材です。塩とオリーブオイルでマリネした柿をカマンベールチーズ、バジルと合わせました。

材料(1人分)

材料(1人分)
  • バゲット 1本(15cm程度)
  • 柿 1/4個
  • カマンベールチーズ 30g
  • フレッシュバジル 4〜5枚
  • オリーブオイル 小さじ1/2〜1
  • 塩 適量
  • ブラックペッパー 適量

作り方

1. バゲットに切り込みを入れる。

2. 柿は皮をむいて4〜5等分のくし切りに、カマンベールチーズは4等分に切る。

柿は皮をむいて4〜5等分

3. 柿に塩、オリーブオイルを絡める。

4. バゲットにバジル、カマンベールチーズ、柿を順にサンドする。

5. ブラックペッパーをふる。

カマンベールチーズの塩気と香りに柿の甘さ

カマンベールチーズの塩気と香りに柿の甘さが美味しい組み合わせです。
バジルの代わりにルッコラを使用しても、おしゃれで美味しく仕上がります。バジルが苦手な方は、水菜やレタスなど、クセのない野菜で作ってみてくださいね。

柿とクリームチーズのタルティーヌ

柿とクリームチーズのタルティーヌ

カンパーニュにクリームチーズを塗り、柿をたっぷりのせました。仕上げにはちみつとオリーブオイルをかけることで、甘さと香りを楽しめるタルティーヌになっています。

材料(1人分)

材料(1人分)
  • カンパーニュ 1枚
  • 柿 1/4個
  • クリームチーズ 20〜30g
  • はちみつ 適量
  • オリーブオイル 適量
  • アーモンド 適量
  • フレッシュミント 適量

<下準備>

  • クリームチーズは室温に戻しておく。

作り方

1. 柿は皮をむき、5mm程度の薄めのくし切りにする。アーモンドは粗く刻む。

2. カンパーニュにクリームチーズを塗り、柿を並べる。

3. はちみつ、オリーブオイルをかけ、アーモンドを散らしてフレッシュミントを飾る。

オリーブオイルをかけ、アーモンドを散らす

クリームチーズに柿を合わせたスイーツ系のタルティーヌです。ミントの爽やかな香りがアクセントになり、柿の甘さをいっそう引き立ててくれます。ミントはちょっと苦手…という方も、クセになるかもしれませんよ。

パンはカンパーニュの代わりに食パンを使用してもOKです。バゲットを使用して、小さめサイズで何個も作ってもかわいい良いですよ。ホームパーティーなど人が集まるときにもおすすめです。
パンの大きさに合わせて、柿やクリームチーズの量は調整してください。

柿のジンジャージャム

柿のジンジャージャム

柿はジャムにしても美味しいんです。甘さが凝縮され、とろっと濃厚な味わいが楽しめますよ。今回はしょうがをプラスして、ピリッとした香りがアクセントになったジンジャージャムのレシピを紹介します。
材料を煮るだけなのでとっても簡単!熟れすぎた柿の消費にもおすすめです。

材料(作りやすい量)

材料(作りやすい量)
  • 柿 1個(200g程度)
  • しょうが(薄切り) 2〜3枚
  • 砂糖 30g
  • 水 大さじ2
  • レモン汁 小さじ1

作り方

1. 柿は皮をむき、1cm角程度に切る。しょうがは千切りにする。

柿は1cm角、しょうがは千切り

2. 柿、しょうが、砂糖、水を鍋に入れて火にかける。

柿、しょうが、砂糖

3. 柿をつぶしながら15分程煮る。

15分程煮る

4. 柿が柔らかくなり全体がとろっとしたら、レモン汁を加えて全体をさっと混ぜる。

レモン汁を加えて混ぜる

とろっと濃厚な柿の甘さにしょうがの香りがやさしく感じられる柿ジャムです。しょうがの主張はそこまで強くないので、お好みでしょうがの量を増やしても良いですよ。

しょうがは冷え対策にも効果的な食材なので、秋から冬にかけての寒い時期にぜひ食べて欲しいジャムです。寒い朝にパンと一緒に食べて、1日を元気にスタートしてくださいね!

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more
close

ライフスタイル

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報

ルイーザ(LUISA)