オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2024年4月17日

【再現レシピ】ケンタッキーの人気サイドメニュー!「ビスケット&コールスロー」レシピ

【再現レシピ】ケンタッキーの人気サイドメニュー!「ビスケット&コールスロー」レシピ

ケンタッキーといえば、もちろんチキンのイメージが強いですが、サイドメニューも人気ですよね。その中でも特に、「ビスケット」と「コールスロー」はケンタッキーの看板メニューといっても過言ではないくらい定番になっています。チキンとの相性も良く、毎回セットで注文するという方も多いと思います。

今回は、そんなケンタッキーの人気メニューのビスケットとコールスローをおうちで楽しめる再現レシピを紹介します。どちらも身近な材料で作れるレシピになっているので、おうちでふと思い立ったときでも、パパッと作れますよ。

  • オリーブクエスト

ビスケット

ビスケット

ドーナツ型が特徴のビスケット。ふっくらとした層を作るため、練らないように、切って重ねて生地をまとめるのがポイントです。卵、牛乳は使わず、シンプルな材料で作れるレシピになっています。

材料(3個分)

  • 強力粉 80g
  • 薄力粉 20g
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • 塩 1g
  • 無塩バター 35g
  • 冷水 45g

下準備

  • 焼く前にオーブンを200℃に予熱しておく。

作り方

1. 無塩バターを1cm角に切り、冷蔵庫でよく冷やしておく。

無塩バター

2. 強力粉、薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩をボウルに入れ、泡立て器でぐるぐる混ぜ合わせる。

強力粉、薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖、塩

3. 1の無塩バターを加え、指ですり混ぜるようにしながら、ポロポロの状態にする。
※バターが溶けないよう素早く作業しましょう。

無塩バターを加える

4. 冷水を加え、ゴムベラで切るように混ぜ合わせる。
※練らないようにしましょう。

切るように混ぜ合わせる

5. 少し粉っぽさが残る程度で生地をぎゅっとまとめて台に出す。めん棒で伸ばして半分にカットする、生地を重ねる、伸ばす…を3回程度繰り返す。

生地

6. 生地を厚さ1.5cmに伸ばし、ラップで包んで、冷蔵庫で30分ほど休ませる。

ラップで包んで冷蔵庫

7. 丸い型で生地を抜き、真ん中をくり抜く。
※なるべく断面を触らないようにしましょう。

丸い型で生地を抜く

※真ん中の部分は絞り口金などを使用するとくりぬけます。

絞り口金

8. クッキングシートを敷いた天板に並べ、200℃で16〜18分焼く。
※お使いのオーブンに合わせて、焼き時間は調整してください。

200℃で16〜18分焼

ふっくらと焼き上がりました!外はサクサク、中はしっとり、シンプルな味わいの中にやさしいバターの香りが楽しめるビスケットです。甘くないので、チキンはもちろん、どんな料理にも合わせやすくなっています。冷めたらトースターで温め直すと、焼き立てのサクサク感が楽しめますよ。

焼き上がり

材料をしっかり冷やしておくことが、サクサクしっとりの生地に仕上げるポイントです。室温が高いときは、バターだけでなく粉類も冷やしておくと、生地がだれにくく作りやすくなります。バターが溶け出しそうになったら、一旦生地を冷やしてから作業を再開しましょう。無塩バターを有塩バターで代用する場合は、塩を半量程度に減らしてください。

ビスケット

おすすめの食べ方は、もちろんメープルシロップ!ケンタッキーでも特製ハニーメイプルをかけるのが定番ですよね。ぜひおうちでも、焼き立てのビスケットにメープルシロップをかけて楽しんでください。

メープルシロップ

コールスロー

コールスロー

ケンタッキーでは、みじん切りにしたキャベツ、にんじんをたまねぎ風味が加わったコールスロードレッシングに漬け込んで作っています。このレシピでは、みじん切りにした野菜を塩もみして、マヨネーズなどの調味料で和えました。

材料(作りやすい量)

  • キャベツ 150g(約3枚)
  • にんじん 30g(約1/5本)
  • たまねぎ 25g(約1/8個)
  • マヨネーズ 大さじ1.5
  • 酢 大さじ1/2
  • 砂糖 大さじ1/2
  • 塩 小さじ1/3

作り方

1. キャベツは粗みじん切りにする。にんじん、たまねぎはみじん切りにする。
※にんじん、たまねぎは小さめに、キャベツはそれより少し大きめに切りましょう。

キャベツ、にんじん、たまねぎ

2. ポリ袋に1の野菜を入れ、塩を加えてもみ、10分ほどおく。

塩を加えてもむ

3. ポリ袋の角に小さく穴を開け、ぎゅっとしぼりながら水分を出す。

水分を出す

4. 水気を切った野菜をボウルに入れ、マヨネーズ、酢、砂糖を加えて和える。

マヨネーズ、酢、砂糖

まろやかな酸味が美味しく、パクパク食べちゃう美味しさのコールスローです。野菜を切って和えるだけで、とっても簡単にできあがりますよ。水っぽくならないよう、塩もみしてから、しっかりと水分を切りましょう。
にんじん、たまねぎは、キャベツよりも小さく切るのが本家に近づけるポイントです。特にたまねぎは細かくみじん切りにして、調味料になじませるイメージで作りましょう。

コールスロー

まとめ

いかがでしたか?今回は、ケンタッキーで人気のサイドメニューをおうちで作れちゃう、「ビスケット&コールスロー」の再現レシピを紹介しました。どちらもシンプルな材料で、簡単に作れるレシピになっています。ぜひみなさんも、おうちでケンタッキー気分を楽しんでくださいね。

企画:オリーブノート編集部
記事:
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more
close

ライフスタイル

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報

オリーブクエスト