オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2019年12月26日

オリーブオイルでおせち料理、フライパンで作る、オリーブオイル炒め煮しめ

オリーブオイル炒め煮しめ

いよいよ年末。おせち料理の煮しめぐらいは作ろうかな、と思っている方に向けて、フライパンで作る炒め煮しめをご紹介します。煮しめって、鰹節でダシをとって、そのダシでコトコトと味をしみ込ませるように煮るんだよね、と思ってます?

いえいえ、これは炒め煮しめ。フライパンで炒めてから煮るんです。しかもオリーブオイルで味の深みを引き出して、ほとんどダシいらずでとてもおいしくできあがるので、忙しい時にもうれしい手軽さ。こんにゃくやにんじんを飾り切りにすれば、もう気分は正月、おせち料理!って感じです。

こんにゃくネジネジでかわいく

こんにゃくは、大体おでんにいれるか、田楽にするぐらいですが、おせち料理のメンバー入りをさせるために、あの地味なフォルムに少し手を加えます。

といっても、実に簡単。こんにゃくを3cm×5cmぐらいに切ったら、縦に包丁で切込みを入れて、一回転させるだけ。するとかわいらしい、ねじりこんにゃくのできあがりです。たったこれだけだって、ふだんと何だか違った感じになるから不思議です。

ネジネジしたら、ゆでてアクを抜いておきます。

オリーブオイル炒め煮しめ
地味なこんにゃくが変身

こんにゃくを用意したら、いよいよ炒め煮しめを作っていきましょう。

オリーブオイル炒め煮しめの作り方

今回はおせち料理らしく、れんこん、ごぼう、里芋、こんにゃく、にんじん、干ししいたけ、さやえんどう、鶏肉という豊富なメンバーで作りますが、材料についてはお好きなものをどうぞ。里芋ではなくじゃがいもだっていいし、何かがなければおいしくない、というものではないので、気楽に材料を集めてください。

なんならこれで冷蔵庫の野菜室の大そうじにもなるかもしれません。また、味加減はお好みがあると思うので、味を見ながら調整してください。

【材料】4人分ぐらい

  • 鶏肉:100g(もも肉など)
  • 里芋:大きめのもの4個
  • れんこん:大きければ1節、小さければ2節
  • ごぼう:1本
  • にんじん:1本
  • こんにゃく:1枚
  • 干ししいたけ:5~8枚
  • さやえんどう:10個程度
  • 干し椎茸のもどし汁:100ml程度
  • めんつゆ:30~40ml(3倍濃縮)
  • 砂糖:大さじ2~3
  • 日本酒:大さじ3
  • エクストラバージンオリーブオイル:大さじ3

【作り方】

1.干ししいたけのいしづきを取って1時間程度、水100mlでもどしておく。もどし汁はとっておく。

2.にんじんは皮をむいて5mm程度の厚さに、ごぼうは皮をむき乱切りにして水にさらす。れんこん、里芋は皮をむいて乱切りにしておく。

3.さやえんどうの頭の部分を手でちぎり、筋も取っておく。鶏肉をひと口大に切る。

オリーブオイル炒め煮しめ
すべての材料がそろった

4.フライパンに、エクストラバージンオリーブオイルを大さじ2入れて熱し、鶏肉を入れて色が変わるまで炒める。

オリーブオイル炒め煮しめ
鶏肉の色が変わるまで炒める

5.さやえんどう以外の野菜をすべて入れて中火で5~7分程度炒める。ヘラよりもフライパンを振って材料をひっくり返すようにした方が形が崩れにくい。

オリーブオイル炒め煮しめ
結構ラフに炒めても崩れない

6.材料にオイルが回って少し透き通った感じが出てきたら、干ししいたけの戻し汁、日本酒、砂糖、めんつゆを投入して煮始める。この時味を見て、煮詰めることを考えて少し薄いなという感じで味を調整。時々ヘラでかき混ぜながら、ダシがほとんどなくなるまで中火で煮る。

オリーブオイル炒め煮しめ
ダシを材料にしみ込ませる

7.ほとんどダシがなくなったら、オリーブオイル大さじ1を回しかけて混ぜ、さやえんどうを投入してできあがり。さやえんどうは余熱で火が通る。

オリーブオイル炒め煮しめ
このオイルが味の決め手

追いオイルはおせちの煮しめにも合う

おせち料理といえば煮しめが重要なメンバーですが、ここにもエクストラバージンオリーブオイルが大活躍してくれました。最初にオイルで炒めてから煮ると、オイルのコクが材料全体に回り、しかも煮崩れがしにくくなるような気がします。

そして最後に追いオイル。これが味の決め手です。牛や豚に比べれば脂肪分の少ない鶏肉に、オリーブオイルで植物性の上質の油を加えると、ヘルシーでしつこくない味に仕上がります。

おせちは何日かにわたって食べることになりますが、オリーブオイル炒め煮しめは脂肪分が固まらずにツヤツヤ。これで食欲倍増です。

年末は何かと忙しいですが、フライパンひとつで簡単にできる炒め煮しめは、時短でできて簡単。好きな野菜を組み合わせて作ってみては?

オイルの紹介

ピエトラ・コロンビナ

ピエトラ・コロンビナ

トスカーナ州産の実を使用したオリーブオイルの「ヌーボー」

「ピエトラ・コロンビナ」はオリーブの香りをありのままに残すためにオイルの濁りを取ることすら拒否したノンフィルター製法で作られています。ノンフィルター製法とは、細かい目のフィルターやろ紙を用いた「ろ過」処理を行わず、静置により上澄み部分だけを取り分ける贅沢な製法です。
「ピエトラ・コロンビナ」にはうっすらとした濁り や、底には澱が見られますが、これはノンフィルター・エキストラバージンオイルの証。通常のオリーブオイルでは味わえないオリーブ果実から搾ったそのままの香りと風味を味わうことができます。(通販限定)
2020年ヌーボーは秋の発売を予定しています。
企画:オリーブノート編集部
記事:
「オリーブノートレシピ」の他の記事
おすすめの人気記事
記事一覧
MCT CHARGE ゼリー PRO

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

MCT CHARGE ゼリー PRO

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報