オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2019年3月15日

ホタテと味噌がグンと美味しいオリーブオイル貝味噌を100均鉄鍋でつくる

ホタテと味噌がグンと美味しいオリーブオイル貝味噌を100均鉄鍋でつくる

前にホタテガイの殻を鍋代わりにして焼く貝味噌をいただいたことがあった。いかにもオツな趣向で、酒飲みの琴線に触れるビジュアルだった。同じことをしようと思っても、大体ホタテガイの殻なんて売ってないから手に入らない。

殻付きホタテはたまに見るが、どれも殻が小さくて鍋になりそうにない。代わりになるものはないかとごそごそと食器棚を探したら、昔100均で買って忘れていた、錆びた丸い鉄鍋が出てきた。おっ、これなら代わりになりそうだ。さっそく錆を落としてきれいに洗い、調理開始。

使いやすい、鋳物の鉄鍋

私は鋳物の鍋が好きなのだが100均でも鋳物の小さな鍋が売られていることがある。鋳物は熱の回りが柔らかで、使い込むほど油がなじんで使いやすくなる。それに火にかけたものをアツアツで食卓に持っていけて冷めにくく、美味しさが長続きするのだから、じっくり飲むにはマストアイテム。もし見かけたらぜひお買い求めいただきたい。

貝味噌×オリーブオイルの作り方

本当は生ホタテで作るのだが、今回は手に入りやすいボイルホタテで作る。最初にたっぷりのオリーブオイルで長ネギを炒め、香ばしさを出してからホタテを入れて味をしみ込ませるのがコツ。また、ホタテは粗みじんに切ってしまうので、小粒の安いもので十分。

材料

  • ホタテガイ(ボイル):100g
  • 長ネギ:太いもの1本
  • 味噌:大さじ1
  • 日本酒:大さじ1
  • エクストラバージン・オリーブオイル:大さじ1
ボイルホタテは小粒で十分
ボイルホタテは小粒で十分

作り方

1. 長ネギを大部分は荒く輪切りに、最後にのせるものだけは細い輪切りに切る。ホタテガイはザクザクと切る。

ホタテはザクザクと切っておく
ホタテはザクザクと切っておく

2. 鍋を熱し(小さめのフライパンでもOK)、オリーブオイルを入れて熱する。そこに荒く輪切りにした長ねぎを入れて、香りが出て軽く焦げ目がつく程度に炒める。

ネギの香ばしい香りが立ってくる
ネギの香ばしい香りが立ってくる

3. 味噌に日本酒を入れて溶いておく。2にホタテを投入して少し炒め、そこに溶いた味噌を入れてざっくり混ぜる。味噌が少し焦げて香ばしい香りがしてきたら出来上がり。食卓に運んで細かい輪切りの長ネギ、お好みで七味唐辛子を振る。

真ん中に味噌を入れてさっくり混ぜる
鍋肌で味噌を焼きつける感じ
鍋肌で味噌を焼きつける感じ
香ばしい味噌の香りだけで一杯イケる
香ばしい味噌の香りだけで一杯イケる

おにぎりの具にもおいしい貝味噌

酒のアテには最高なのはもちろんだけれどおにぎりの具にも最高の貝味噌。オリーブオイルが入っていることでおにぎりにオイル分がしみて、ご飯がツヤツヤに。少々味が濃いので、具としてももってこいなのだ。

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報