オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2024年2月29日

ハンドクリーム使ってるのに手がカサカサになるのはどうして?

ハンドクリーム使ってるのに手がカサカサになるのはどうして?

カサカサの理由は界面活性剤ってホント?

界面活性剤とは、「洗剤」の主な成分です。具体的な役割は、互いに性質の違う物質が接している面(界面)の状態を変化させる物質で、簡単にいうと、油を浮かせて落とすものです。

界面活性剤の役割は、例えば水と油や水と汚れなど、それらの面している界面を変化させ、界面活性剤が付着することで、水や汚れを分離させ、再び食器や衣類に付着しないようにする働きがあります。

界面活性剤の働き
界面活性剤の働き

また、水と油は本来混ざり合うことはありません。しかし、混ざりあって安定している状態のものはたくさんあります。例えば、マヨネーズ。酢と油、卵の黄身だけでつくるマヨネーズが安定して混ざりあっているのは、卵の黄身に含まれる「レシチン」という天然の界面活性剤の役割がある為です。レシチンは天然の乳化液として、ホイップクリームやバター、アイスクリーム、化粧品、医薬品などにも多く使用されています。

ハンドクリームもその一つで、界面活性剤を使用して乳化させたクリームです。皮膚への透明性を高める働きもあり、メーカーによって様々なものが利用されています。目的としては化粧品としての安定性を保ち、美容液や美肌クリームなどに含まれる美容成分を肌に浸透させやすくするためです。

  • オリーブクエスト

美肌菌の住処を奪い肌バリアを破壊する界面活性剤

お肌の美肌菌は、もっとも外側の皮膚である角質層に棲んでいます。美肌菌は皮脂を分解した成分で肌にうるおいを与え、お肌のpHを弱酸性に保ち、健康なお肌を守るために重要な役割を果たします。また角質層は異物や細菌などから身体を守るバリアの役割も担っています。しかし、界面活性剤は美肌菌の住処であるお肌のバリア(角質層)を壊してしまうことが知られており、その為、うるおいを失いカサつくようになるのです。

皆さんも、食器を洗った後に手の皮膚が突っ張るような経験をされたことがあるかと思いますが、まさにお肌の油まで落とされてうるおいがなくなる為ですね。

ハンドクリームの界面活性剤は安心なの?

ハンドクリーム

クリームに配合されている界面活性剤は、洗浄力がほとんどないため脱脂力も弱く、角質層(バリア)を壊すことはほとんどありません。そもそも油分と乳化されている為、基本的にお肌から油分を奪うことがないのです。したがって、ハンドクリームの界面活性剤はあまり心配しなくても大丈夫。どうしても心配な方は、界面活性剤が配合されていないニベアクリームがおススメです。

したがって、日頃の手洗いや洗剤など、洗浄力の強い石鹸類に入っている界面活性剤を気にかけて、見直してみてはいかがでしょうか。

天然か化学合成か、界面活性剤の種類

界面活性剤には、大きく分けて「天然」と「合成」されたものがありますが、必ずしも天然が安心というわけではありません。いずれもそれ自体はお肌に良い成分とは言えず、使い方によってはいずれもお肌のバリアを破壊します。

天然界面活性剤

  • レシチン:卵黄や大豆に多く含まれる
  • カゼイン:牛乳
  • サポニン:大豆・ムクロジの実
  • PPT界面活性剤:天然由来のタンパク質加水分解物

など

合成界面活性剤

  • ラウリル硫酸ナトリウム
    脳や心臓、臓器に蓄積され血液内障害を起こす可能性がある
  • トリエタノールアミン
    皮膚・粘膜・目を刺激する
  • ラウリル硫酸塩
    皮膚から吸収され、皮膚が乾燥して荒れる
  • ラウリル硫酸トリタール
    皮膚から吸収され、皮膚・粘膜・目を刺激する
  • ポリエチレングリコール
  • エデト硫酸
    アレルギーの原因となる

など

とはいえ肌メリットが大きい界面活性剤の働き

界面活性剤のデメリットについて触れましたが、メリットも大きいのです。
特スキンケアにおいては、お肌の不要なものや汚れをキレイに落とすことが大切です。お肌の汚れを落とし切らず蓄積してしまうと、雑菌の繁殖、しみしわ、角質堆肥の原因になるので、界面活性剤で洗顔を行うことや、手を洗うことの方がメリットが大きいと言えます。

ポイントは「皮脂を落とし過ぎず、不要な汚れだけ落とす」です。やみくもに界面活性剤を避けても逆に肌トラブルの原因になりかねません。

人によってお肌のペーハー(PH)も違いますし、具体的にどれが良いとは言えませんが、製品の成分をよく確認しながら商品の見直しや、使用頻度をコントロールして、自分にあった付き合い方を探していくしかありません。今何を使っているのか?お肌の状況はどうだったのか?を記録するなどして、うまく付き合っていくことが大切です。

企画:オリーブノート編集部
記事:
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
おすすめの人気記事
記事一覧
オリーブクエスト

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more
close

ライフスタイル

オリーブクエスト

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報

オリーブクエスト