オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2017年9月22日

エキストラバージンオリーブオイルを使った手作りアンチョビのレシピ

エキストラバージンオリーブオイルを使った手作りアンチョビのレシピ

パスタやピザ、サラダやバーニャカウダなどに少し入っているだけで、旨味がアップし、格段に奥行きのある味わいになる「アンチョビ」。自分で作る料理にもふんだんに活用したいところだが、市販のものを購入するとなると若干、コストがかかるのが悩みの種。サイズの小さな缶詰でも数百円するので、デイリーユースが難しいと思われがちだ。

 だからこそ、「もっとお手軽に、アンチョビをたくさん食べたい!」と思っている人は多いはず。そこで、簡単に作れる自家製アンチョビの作り方をご紹介する。

 アンチョビは、新鮮なカタクチイワシさえ手に入れば、誰でも簡単につくることができる。カタクチイワシを塩漬けにして、発酵させるだけで完成する、美味しい発酵食品でもある。

自家製アンチョビの作り方

材料

  • 新鮮なカタクチイワシ
  • オリーブオイル

※それぞれの素材の量は、作りたい分だけ用意する。ちなみに、今回の場合はカタクチイワシ20尾、塩は500g、オリーブオイル700ml使用。

作り方

1. イワシの頭と内臓をとって、三枚におろす(包丁を使わず、手開きでもOK)。

2. タッパーなどの保存容器を用意。底一面に塩を薄く敷いた上にイワシを並べ、その上からイワシが見えなくなるまで塩を振る。以降、イワシ→塩→イワシ→塩……の順番で、重ねていく。

3. 2を冷蔵庫(冬場は冷暗所でOK)に入れて、1~2ヵ月間そのままにして、熟成と発酵をさせる。

4. 1~2ヶ月後、熟成と発酵が終わったイワシを容器から出し、海水程度の濃さの塩水で軽く洗い、イワシの表面についた塩をとる。その後、ペーパータオルで軽く押さえるようにして余分な水分もとる。

5. 熱湯で煮沸消毒した保存用の瓶にイワシを並べて入れ、オリーブオイルをひたひたになるまで注ぎ、ふたたび冷蔵庫へ。

6. 1週間たてば完成。完成したアンチョビは、なるべく半年以内に食べきるようにする。

アンチョビ

アンチョビは、発酵調味料としても、さまざまな料理に活用できるすぐれもの。

たとえば、春の時期なら、ふわふわで甘い春キャベツと刻んだニンニク、少々の鷹の爪とともに、漬け込み用のオイルで炒めるだけで、おかずはもちろん、酒の肴にもピッタリの一品になる。ぜひ、美味しい発酵フードを作ってみよう。

春キャベツのアンチョビ炒め
春キャベツのアンチョビ炒め

記事提供:丸ごと小泉武夫食マガジン
「丸ごと小泉武夫 食 マガジン」は、「食」に特化した情報サイトです。 発酵学者・食文化論者の小泉武夫がこだわる、安心・安全・健康・日本の食文化などの選び抜かれた情報を発信していきます。

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報