オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2020年8月7日

オリーブオイル寿司に挑戦!くら寿司の「極旨人気10種セット」塩とオリーブオイルで実食

オリーブオイル寿司に挑戦!くら寿司の「極旨人気10種セット」塩とオリーブオイルで実食

お寿司を醤油で食べるのって本当に正解なの!?

日本人のソウルフードであり、今や世界各地で食べられているお寿司。
お寿司と聞くと、高級なイメージがありますが、回転寿司の登場によって、そういったイメージは覆され、1皿100円と非常にリーズナブルな価格でお寿司を楽しめるようになりました。

お寿司を食べる時醤油をつけて食べますよね。
お寿司に醤油をつけて食べることは「当たり前」であり、誰も疑問を持ちませんが、果たしてお寿司に一番合う調味料は醤油なのでしょうか?

他にもお寿司にマッチする調味料があるのではないだろうか。
というのも、塩とオリーブオイルで食べるお寿司が流行っているそうなのです。

虎ノ門に最近できた寿司屋さんでも塩とオリーブオイルでお寿司を食べるそうです。

そこで、今回はお寿司×オリーブオイルの可能性を探っていきたいと思います!

コスパ抜群!くら寿司の「極旨人気10種セット」

今回、検証を行うために買ってきたのは、庶民の味、回転寿司チェーン店 くら寿司の「極旨人気10種セット」です。

くら寿司の「極旨人気10種セット」

人気の10種類のお寿司が入ってお値段なんと500円(税抜)
とてつもない安さです。

しかし、安いからといって侮ってはいけません。
くら寿司は全ての食材において「うま味調味料」、「人工甘味料」、「人工着色料」、「合成着色料」、「保存料」を一切使用しておらず、食材の鮮度にも拘っています。

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

今回使用するオリーブオイルは、有機オリーブ100%でできたエキストラバージンオリーブオイルのルイーザ(LUISA)です。

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

こちらのオリーブオイルは過去にオリーブノートでレビューされているのでそちらの方を是非、チェックしてみてくださいね。
ルイーザ(LUISA)有機エキストラバージンオリーブオイル

お寿司×オリーブオイル、いざ実食!

お寿司×オリーブオイル、いざ実食!

器にオリーブオイルを入れて塩を振りかけ、準備万端。

お寿司にオリーブオイルは合うのか、確かめていきたいと思います。

まずは王道のサーモン!

まずは王道のサーモン!

ネタをオリーブオイルにつけていただきます。

口に入れると、オリーブオイルの風味を感じます。
魚がオリーブオイルを纏い、脂の乗ったネタに様変わりします。

サーモンは元々脂がのった魚なので、より一層まろやかな口当たりになります。

醤油との一番の違いは、より魚本来の食感や味を感じられるということです。

醤油よりも淡白な塩とオリーブオイルで食べることで、より素材の味を感じることができ、オリーブオイルによって風味も増して感じられます。

次はこちらも王道、マグロです。

次はこちらも王道、マグロです

オリーブオイルのおかげで赤身のマグロなのに、トロのようなまろやかさが生まれます。
先ほどのサーモンよりもオリーブオイルとの相性の良さを感じました。
そしてシャリの酢飯とオリーブオイルの相性も意外にお互い喧嘩せず、マッチしています。

ビントロ、焼きはらすも同じように魚の脂がより上質になり、口当たりがまろやかになりました。
元々脂の乗っているネタはより脂が乗って風味が増すので、オリーブオイルで食べるのも素材の味を強く感じられ、オリーブオイルで食べるのもアリですね。

次はえび、生えびの2種類のえびです。

次はえび、生えびの2種類のえびです

えびは素材の味が引き立つという点が逆効果になっていると感じました。
素材本来の味があまり強くないためか、オリーブオイルとの相性はあまり良くありません。

生えびも同様に、素材の味が淡白なためか塩とオリーブオイルだけでは物足りなく感じます。

生えびも同様に、素材の味が淡白なためか塩とオリーブオイルだけでは物足りなく感じます

高級寿司店の上質なものであればオリーブオイルでも美味しくいただけるかもしれませんね。
これは回転寿司の限界といったところでしょうか。

真いかもオリーブオイルでいただきます。

真いかもオリーブオイルでいただきます

真いかも素材の味が淡白なため、塩とオリーブオイルだけではパンチが足りません。

えび、いかなどの味が淡白なネタとオリーブオイルの相性はあまり良くないようです。

そしてオリーブオイルとの相性が一番悪そうな、通常甘いタレにつけて食べることが多いあなごです。

通常甘いタレにつけて食べることが多いあなごです

う〜ん。予想通りあまり相性は良くないかも。
普段甘いタレで食べるからか、物足りなさがハンパないです(笑)

こちらも、なんとなく予想がつくたまご。

なんとなく予想がつくたまご

うん、醤油につけて食べよう。

最後は回転寿司特有の変わりネタ、旨だれ牛カルビ。

旨だれ牛カルビ

わさびもつけていただきます。
うん、牛カルビ丼をミニマムにしただけですね、普通に美味しいです。

まとめ

全部で10種類のネタを塩とオリーブオイルで食べた感想ですが、ネタによって相性はまちまちでした。

マグロ、サーモンといった脂の乗ったネタはより一層脂のノリが増し、風味も豊かになります。えび、いかのような淡白なネタは味の強い醤油の方が相性がいいと感じました。

しかし、今回は庶民的な回転寿司での検証だったので高級寿司店上質なネタであれば、また変わってくるかと思います。

気になった方は是非、オリーブオイルでお寿司を食べてみてはいかがでしょうか?

■有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)
日清オイリオルイーザ|通販限定
■くら寿司 極旨人気10種セット
お持ち帰り寿司|くら寿司

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報