オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2020年1月9日

MCTオイルで体脂肪燃焼、痩せたお話

MCTオイルはご存知ですか。

MCTとはMedium Chain Triglcerides の略で、日本語に直すと中鎖脂肪酸になります。

オリーブオイルや菜種油など、一般的な食用植物油に含まれている長鎖脂肪酸とは、その性質が大きく異なります。

▪️植物油の長鎖脂肪酸の特徴

  • 不飽和脂肪酸といって低い温度でも固まらない
    →オリーブオイルなど
  • 小腸から消化・吸収される
  • 血管を通って体の筋肉や脂肪、肝臓に運ばれ分解・貯蔵される

▪️植物油の中鎖脂肪酸の特徴

  • 飽和脂肪酸といって冬場は室内の常温でも固まってしまう
    →ココナッツオイルなど
  • 小腸から門脈を経由して直接肝臓に入り、分解され効率よく分解される
  • MCTは(ケトン体)を効率よく作り出すことができ、近年ブドウ糖に代わるエネルギーとして注目されている

つまり、中鎖脂肪酸は体に蓄積されにくく、素早く体脂肪を燃焼するエネルギー源として分解されます。それに対して、長鎖脂肪酸のオイルは分解する時間が長く、身体に脂肪として蓄積されやすいのです。

詳しくはこちらをご覧ください。

MCTオイル(中鎖脂肪酸)ってなに?

近年ココナッツオイルの人気が高いのは、この中鎖脂肪酸(MCT)が成分中およそ60%も含まれており、ダイエットに勤しむ女性や関連メディアの注目を集めたからですね。

MCTを効率よく取りたいならMCTオイル

母乳にも含まれる理想的なエネルギー源である中鎖脂肪酸をもっと効率よく摂取したいなら、中鎖脂肪酸(MCT)100%のMCTオイルを利用してみてはいかがでしょうか。

様々なMCTオイルが市販されていますが、しっかりと精製されたMCTオイルは数が少なく、その中でも医療用にも使われている日清オイリオの製品が有名です。

編集部の体験談としては、毎晩のおやすみ前に、ティースプーン一杯のMCTオイルをそのままいただきます。無味無臭なので嫌な感じは一切ありません。

この習慣のおかげで、寝ている間にMCTオイルが分解され、筋肉を発熱させて毎晩体脂肪を燃焼させてくれているようです。筆者の場合、12月1日時点の体重55キロ(アラサー)が、忘年会シーズン、そして年末年始を乗り越えて、1月8日時点で53キロ!

魔法のダイエット食品だと言い切っている次第です。※個人差があります。でも、わりと周囲のお知り合いに好評なのです。

オイルの紹介

日清MCTオイル

日清MCTオイル

美容や運動に関心の高い方の良質なエネルギー補給に

中鎖脂肪酸はココナッツやパームフルーツなど、ヤシ科植物の種子に含まれる天然成分。その100%の油をMCTといいます。素早く消化吸収される効率的なエネルギーであり、考えるためのエネルギーであるケトン体も効率的に作り出します。MCTをオイルやパウダー、ゼリーなど、手軽に取り入れられるよう、様々な形態でラインアップしています。
企画:オリーブノート編集部
記事:
おすすめの人気記事
記事一覧
MCTオイル

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

MCTオイル

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報