オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2021年1月20日

アレンジ自由自在!基本の鶏むね肉の和風オリーブオイル炒め

アレンジ自由自在!基本の鶏むね肉の和風オリーブオイル炒め

皆さんはオリーブオイルを使う時、どんな料理を作りますか?
オリーブオイルといえばパスタやカルパッチョなど、どちらかといえばおしゃれな洋食に使うイメージが強いのではないかと思います。
しかし冷蔵庫の中にあるものを使って作る「名前のないおかず」の時にも、オリーブオイルは気軽に使えるんです。
今回はオリーブオイルを普段使いした「名前のないおかず」レシピをご紹介します。アレンジは自由自在ですので、あなただけのオリジナルレシピが簡単に出来ますよ。

とはいえ料理の名前がないと便宜上皆様にお伝えしにくいので、仮に「基本の鶏むね肉の和風オリーブオイル炒め」としておくことにします。

この「基本の鶏むね肉の和風オリーブオイル炒め」で使う調味料は、オリーブオイルと麺つゆのたった2つだけです。そこからのアレンジは自由自在。味付けに何かをプラスするだけ、食材に何かをプラスするだけの足し算で、前回作った料理とはちょっと違ったものになります。

鶏むね肉の和風オリーブオイル炒めの作り方

基本のレシピです。

材料

  • 鶏むね肉:1枚
  • 玉ねぎ:半分
  • 片栗粉:大2
  • オリーブオイル:大2
  • 濃縮タイプの麺つゆ:大2
鶏むね肉の和風オリーブオイル炒めの作り方

食材は2つ、味付けも2つ。
使う調味料の量も大さじ2なので覚えやすいですよね。オリーブオイルは日清オイリオの「ルイーザ(LUISA)」を使いました。
オリーブオイルと麺つゆ?と思われるかもしれませんが、この組み合わせはあいます。和風出汁の入った麺つゆとオリーブオイルの香りの相性が抜群なんです。オリーブオイルと麺つゆの組み合わせは和風パスタにも使えます。味に失敗しない組み合わせの上にアレンジがしやすいので、私はよくオリーブオイルと麺つゆをベースにしたパスタを作っています。

それではレシピです。

作り方

1. 一口大に切った鶏むね肉と片栗粉をポリ袋に入れて、むね肉一つ一つの全体に片栗粉をまぶすようにします。

むね肉一つ一つの全体に片栗粉をまぶす

2. フライパンにオリーブオイルをひき、1を弱めの中火で揚げ焼きにします。

揚げ焼きにします

3. 片面に焼き色がついたらひっくり返し、全体に火が通ったら玉ねぎを入れて中火から弱火でしんなりするまで火を通します。

玉ねぎを入れて中火から弱火でしんなりするまで火を通します

4. 最後に麺つゆを入れ、よくからんだら完成。

麺つゆを入れる

これが基本の作り方です。

鶏むね肉の和風オリーブオイル炒め

鶏むね肉の和風オリーブオイル炒め 作り方のポイント

いくつかポイントがあります。私はなるべく洗い物を減らしたいので鶏肉に片栗粉をまぶす時、食品用のポリ袋を使っています。コツは鶏肉と片栗粉を入れたら、右手で袋の閉じている部分を持ち上げ、左手で片栗粉がまんべんなくつくように鶏肉をもむように軽く動かしていきます。時々袋の中で鶏肉を跳ねさせ、片栗粉が薄付きになるようにします。コツさえ掴めば、ポリ袋を使うと全体に薄く綺麗に片栗粉がつきます。洗い物も減るのでオススメです。
また、鶏肉を揚げ焼きにする時、炒め物のように菜箸で頻繁にかき混ぜるようなことはしません。片栗粉がはずれないよう、片面をしっかり焼いてからひっくり返します。
使う麺つゆはストレートタイプではなく、濃縮タイプのものがオススメです。調味料でお醤油を使うときにお水で薄めないのと同じで、調味料として麺つゆを使う時も薄まっていない濃縮タイプを使う方が味がぼやけません。

アレンジ方法

さて、今回はこの基本のレシピに「柚子胡椒」と「黒胡椒」を加え、仕上げの彩りに「青ネギ」を散らしました。少しピリ辛で食欲の出る味になります。

柚子胡椒」と「黒胡椒」を加え、仕上げの彩りに「青ネギ」を散らしました

こってりめが好きな方はバターをプラスしてもいいと思いますし、バター+柚子胡椒もこってりピリ辛で美味しくいただけます。
よりしっかりとした味付けを好む方は、鶏肉に下味として塩胡椒をつけておくのもいいと思います。塩分が気になる方は基本のレシピのままで。
具材は基本の「むね肉+玉ねぎ」に、椎茸やしめじなどのきのこ類を入れても美味しくいただけます。また、基本の「むね肉+玉ねぎ」にブロッコリーやミニトマトを入れて一緒に炒め、彩りを良くするのもいいと思います。カットした半熟卵と一緒に盛り付けても綺麗かもしれません。
唐辛子を入れてピリ辛に、ニンニクのすりおろしを入れて、マヨネーズを使って、ピーマンを一緒に炒めて、ローズマリーなどのハーブを使って香り良く……と、想像次第で簡単にあなただけのオリジナルレシピが完成。
この基本のレシピをベースにすれば、調味料も食材も応用が利きますので、レシピは無限に広がっていきます。今回は便宜上料理に名前をつけましたが、これこそが「名前のない料理」のいいところの一つかもしれません。

重要な役目のオリーブオイル

料理のポイントはオリーブオイル

そして一番大切なのはここ。なんといってもこの料理のポイントはオリーブオイルを使うことです。以前この料理を作った時、サラダ油やごま油を試してみましたが、オリーブオイルには敵いませんでした。オリーブオイルの香りがこの料理の味の決め手のようです。更に、オリーブオイルの種類も色々試してみましたが、とくにルイーザは香りが良くてこの料理にはぴったり。日清オイリオの公式サイトで「普段使いに最適なオリーブオイル」と謳っているのは伊達ではありません。

毎日おうちごはんを作っているとメニューがマンネリしがちです。普段のおうちごはんは手間が少なく、簡単でアレンジの利くものがいい!と私は常々思うのです。
料理がマンネリした時、オリーブオイルを使ったこの「基本の鶏むね肉の和風オリーブオイル炒め」を作って、あなただけのオリジナル料理にアレンジしてみてください。


記事:オリーブノート公式アンバサダー mariaalbumさん

野坂まりあ

本業はフリーアナウンサー。キャラご飯やキャラ弁を作るのが趣味だった2012年当時、日本で初めてコンビニから発売されたキャラ弁の監修をしました。
現在は作家ものの器を集めることを楽しみにしています。
インスタではそんな器たちを使った日々のご飯を生活の負担にならない程度に投稿しています。写真はスマホで撮っています。

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more
close

ライフスタイル

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報

ルイーザ(LUISA)