オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2021年7月22日

今日も暑すぎ…ってことで「競泳プール・ゼリー」いかがですか!/妄想工作キッチン

今日も暑すぎ…ってことで「競泳プール・ゼリー」いかがですか!/妄想工作キッチン

キッチングッズを妄想したらすぐに作ってみて商品化オファーをお待ちするコーナー!

梅雨も明けて夏本番、今回はこんな涼しげなアイテムを考えてみました。アイテムというか、スイーツと容器とで合わせ技一本、ってところですかね。

競泳プールを模した容器でお出しする「プール・ゼリー」を考えたのでございます。

まずはいつもどおり、制作イメージのラフスケッチです。

制作イメージのラフスケッチ

途切れてますが「ブルーハワイゼリー」と書いてあります。どこからどう見ても夏のスイーツですね。耳をすませばプールサイドの喧騒が聞こえてくるようです。ツーンと鼻をくすぐる塩素の匂いも……ちなみにゼリーに塩素は入れません、ご安心ください。

さて上のラフ画は割と完成を目指して描いているので、このとおりに3D CADソフトで容器を設計してしまいましょう。

そういえばプールをここまで細かく観察したことがない

約10cm×6cmの大きさで設計

3Dプリンタの最大プリントサイズに合わせ、約10cm×6cmの大きさで設計していきます。

スタート台は6つは欲しいところですが、横幅が6cm……ってことはけっこう狭い……結局、1つあたり5mm弱の台をちまちまと立てることに。洗いにくそうな容器だ!

底面に引いてある線も、あらかじめ彫り込んで、と。そういえばこんな線あったな……どんな引き方だっけ……どんな意味があったんだろ……と、今さら検索しながら進めていきます。

1つあたり5mm幅のスタート台

1つあたり5mm幅のスタート台ですが、よく見ると前方に傾斜がついてるんですね。再現できるかわかりませんが、つけましょう傾斜。

3Dプリンタで出力

イメージ通りの3Dデータができたので、3Dプリンタで出力していきます。3時間ほどかけて、印刷面にプールが逆さにくっついて上がってきました!プールの水揚げ作業とは、珍しい光景だ。

ハシゴもちゃんとプリントされてます

おお、ハシゴもちゃんとプリントされてます!すっごく深くてお風呂みたいなプールになったけど、ゼリー容器としては最低これくらいの容量は欲しいところなのでオールOK。

ここまではうまくいきました。次は色を塗っていきますが、ここから、プールらしくするための長い道のりが待っていました。

一生味わうことのないであろう、プール設営する気分をあなたに

プールらしくするため、おなじみのプール色で塗っていきます。記事用にアクリル絵の具と耐水ニスで塗っちゃいますが、通常は食用に適さないのでそこはよろしく。

プール色で塗っていきます

あとは水底のラインと、スタート台の番号とハシゴを塗ってと。

水底のラインは、造形時に1mm下げて引いていたのでそこをなぞればいいな、と軽く考えていたんですが、プリントしたらところどころ目がつまっちゃって……えへへ。結局細いマステでいちいちマスキングして塗りましたとさ。ご苦労なことです。

水底のライン

ここで1日かかってしまった……

本当にプールを施工しているような気分

しかし、塗れば塗るほど、本当にプールを施工しているような気分になりますな。レジン造形のザラついたテクスチャが、まるでプールのコンクリ壁みたいな風合い。ああ、この感じ。シーズン前にプール掃除させられた、あの夏が再び。

さてプールができあがったら、そこにブルーハワイシロップで色付けしたゼラチンを流し込み、冷蔵庫で固めます。

その間に、とある細工を準備。

マシュマロフォンダンを作ります

マシュマロに粉砂糖を混ぜて揉み込み、マシュマロフォンダンを作ります。人生初のマシュマロフォンダン、さて何になるのかな?

さあ、できあがったのでおやつにしましょう!

脳内に塩素の香りが満ちていく……

25mプールに、ゼリーがなみなみと

25mプールに、ゼリーがなみなみと!これこれ、これが見たかったのよ。

すっかりプールと縁遠くなった私ですが、この光景を見たら鼻腔の奥に塩素がふわっと香った気がしました。そういえばプールの時間に男子がよく塩素タブレット拾って喜んでたな……

こちらの壁にもライン

そういえば、こちらの壁にもラインが引いてありましたよね。後から気づいて塗り足しました。

あと、どうも落ち着かないプールだなーとモヤモヤしてたんですが、その理由が今わかりました。プールサイドに1段低い段を作るのを忘れてました。だからなんか落ちたら終わりっぽいなと思ってたんだこのプール。

スタート台の傾斜も再現

スタート台の傾斜も再現されてる!どうです、この風景。ほら、あなたの瞼には大滝詠一「A LONG VACATION​​​​」のレコードジャケットが見えているはず……

マシュマロフォンダン

とはいえ、このままでは少し寂しいので、作っておいたマシュマロフォンダンで、あるものをかたどって浮かべてみましょう。またぐっと「あの夏」っぽくなるはず。

ビート板を2色作って置いてみました

ビート板を2色作って置いてみました。ほら、あの夏の水泳大会のほのぼの部門「ビート板拾い競争」が思い浮かぶだろう……(うちの学校にはあった)。

プールの水

プールの水をこうやってすくう、不思議な体験!

巨人だ!

「巨人だ!」「いや海坊主のほうだ!」

ぜひゴーグルとスイミングキャップでもかぶってお召し上がりください。

抹茶ゼリー

他、抹茶ゼリーを入れてみたら、プール授業のとっくに終わった秋の雰囲気が再現されました。男子校の生徒が単位足りなくて、こんなプールで冬まで泳いでいたのを思い出します。

というわけで容器と中身で合わせ技の「競泳プール・ゼリー」。夏には夏の、秋には秋の味わいで、ノスタルジックにいただくのはどうでしょうか。


乙幡啓子

乙幡啓子

1970 年群馬生まれ・東京在住。「デイリーポータルZ」「フィギュア王」等の媒体で工作記事などを連載するほか、モノ作りイベントやワークショップ、講演などでも活動。
著書に「妄想工作」「乙幡脳大博覧会」「笑う、消しゴムはんこ。」。 また妄想工作所名義で「ほっケース」「スペース・バッグ」「ケルベコス」などの雑貨製作・企画も行う。
乙幡啓子オフィシャルサイト 妄想工作所

企画:オリーブノート編集部
記事:
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてなブックマーク
  • Pocket
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more
close

ライフスタイル

オリーブクエスト

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報

ピエトラ・コロンビナ