オリーブノート カラダに美味しい、
オイルのノート
MENU
2019年12月28日

オリーブオイルを使った牡蠣と菜の花のソテー 百合根を添えて

美味しいオイルでインスタ映えレシピ / オリーブオイル

朝夕寒さが厳しく冬らしい気候ですが、市場には春の食材が並び始めました。

菜の花やふきのとう・空豆・えんどう豆などがお正月の食材に混じって並ぶのを見ると、年々それらが早く出回るようになっている気がします。季節の旬は大切にしたいけれど、好きな食材が長く楽しめるのは嬉しいですね。

秋から出回る牡蠣も長く楽しめる食材のひとつ。生食も良いけれど、お鍋や牡蠣ご飯、パスタにオイル漬け等ぷりっと火を通して旨味を感じる牡蠣も堪らなく魅力的な食べ方です。

今回は牡蠣をオリーブオイルで火を通し、その美味しいエキスを菜の花にもまとわせてみました。ほくほくに茹でた百合根をアクセントに、荒いペーストにした菜の花とジューシーな牡蠣をいただきます。

あわせるオリーブオイルはLuisa。程よい青みと辛味のあるLuisaは菜の花の風味とよくあいます。キレのあるフルーティーさは牡蠣にもぴったり!

有機のオリーブを使用しているのも嬉しいポイント。早摘オリーブは通常よりもポリフェノールが多いそう。美味しく健康にいただけるのはとても有り難いですね。

素材とオリーブオイルの風味をシンプルに感じていただけるレシピを考えてみました。

牡蠣とオリーブオイルのレシピ
 冬の牡蠣のエクストラバージン オリーブオイル漬け
 牡蠣の燻製オリーブオイル漬け
 オリーブオイルと旬の牡蠣めし

オリーブオイルを使った牡蠣と菜の花のソテー 百合根添え の作り方

【材料(2人分)】

  • 牡蠣 1パック
  • 菜の花 1束
  • 百合根1/3個
  • オリーブオイル
  • 塩胡椒

【作り方】

  1. 牡蠣はよく振り洗いし、水気を拭いておく。
  2. 菜の花は長めに塩茹でし、細かく刻んでおき、百合根は1枚ずつ外して茹でておく。
  3. オリーブオイルをフライパンに温め、牡蠣をふっくらするまでソテーして塩胡椒しておく。
  4. 牡蠣を取り出してオリーブオイルを足し、菜の花を炒めて塩胡椒する。フードプロセッサーで粗めのピュレにする。
  5. お皿に菜の花のピュレを敷き、牡蠣と百合根を載せる。オリーブオイルLuisaを上からかけて仕上げる。

ホリデーシーズンの1皿にシャンパン、スパークリングやキリッとした白ワインと一緒に如何でしょうか。是非オリーブオイルをたっぷりかけて召し上がってください。


記事:アンバサダー 岡嶋 美香さん

岡嶋 美香

おもてなし料理教室イル・レガーメ主催。自宅で簡単に作れる料理から、ちょっと頑張って作りたくなるお料理まで幅広くレッスンしています。

イタリア、タイ、中国に住んだ経験から料理も様々。美味しいものを食べて笑顔になること、テーブルを囲んで繋がる輪を大切にしたいと考えています。

オイルの紹介

ルイーザ(LUISA)

有機エキストラバージンオリーブオイル ルイーザ(LUISA)

有機栽培オリーブ果実100%のエキストラバージンオリーブオイル

南イタリア・プーリア州の単一農園で、100%有機オリーブ果実を使用して栽培から搾油まで一括管理して作られたオリーブオイル。 搾りたての有機エキストラバージンオリーブオイルです。
企画:オリーブノート編集部
記事:
おすすめの人気記事
記事一覧
ルイーザ(LUISA)

人気の記事(ランキング)

オイル

料理のジャンル

食材

more
more

ライフスタイル

お酒

ルイーザ(LUISA)

Olivenoteへようこそ

ヘルシーで様々な効能を持ったオイルへの注目が高まっています。中でもオリーブオイルの消費量は大きく伸び、同時に、ココナッツオイル、アルガンオイル、亜麻仁油、MCTオイルなど、なじみのなかった様々なオイルも注目されるようになってきました。
しかし、私たち日本人の日常的な食卓では、その活躍の幅はまだまだ狭く、真新しいノートのように真っ白な状態ではないでしょうか。 Olivenoteでは、読者の皆様の意見やオリーブノートアンバサダーへの参加を募りながら、カラダに美味しいオイルを中心に、楽しく健康的な食卓を築いて行ける情報を綴ってゆきます。

オリーブノート公式SNS

オリーブノートFacebook  オリーブノートInstagram  オリーブノートTwitter
みんなのオリーブノート #オリーブノート #オリーブノートアンバサダー
オリーブノート公式アンバサダーになりませんか。

オリーブノート運営情報